WordPressのプラグイン「AddQuicktag」で403エラーが出たときの対処法

AddQuicktag は HTML エディター・ビジュアルエディターへのクイックタグの追加を容易にします。

WordPressのプラグイン「AddQuicktag」は、よく使うショートコードや、タグ、文章を登録してすぐに挿入できるプラグインです。

毎回入力する手間が減るので、効率的にブログを更新できます。

しかし、このプラグインを編集して更新したところ、403エラーになってしまいました。403エラーは「ページは存在するがアクセスを拒否された」状態です。

調べてみると、原因は「WAF設定(Webアプリケーションファイアウォール)」です。WAFとは、「WEBサイトが攻撃されるのを防ぐセキュリティ対策」のことです。

そのため、このWAF設定を解除しないと編集ができません。設定は契約しているサーバー側で解除します。私はロリポップのサーバーを使っているので、ロリポップでの解除のやり方を紹介します。

ロリポップでWAF設定を解除する方法

(1)まず、ロリポップのユーザー専用ページから、「セキュリティ→WAF設定」を選択します。

(2)次に、WAF設定を解除したいサイトを選び、設定変更の「無効にする」を選択します。

(3)WAF設定状態が「無効」になります(5分~10分後)。それから「AddQuicktag」の編集をします。

注意が必要なのは、WAF設定が無効になるまでに5分から10分かかることです。無効にしたらすぐに編集ができるわけではありません。

また、編集を終えたら、WAF設定を必ず有効に戻します。そうしなければ、セキュリティに問題が残ります。


WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1