恋愛映画一覧

スポンサーリンク
ウイジェット3
NO IMAGE

東出昌大さんが不気味で怖い。映画『寝ても覚めても』感想

映画『寝ても覚めても』は、突然行方をくらました恋人(東出昌大)を忘れられずにいる女性(唐田えりか)が、彼と顔がそっくりな男性と出会い、心が揺れ動く様子を描いた作品です。 基本は恋愛映画ですが、現実と非現実の境目(寝ているのか覚めているのか)が曖昧なまま物語が進んでいくので少し不思議な感覚になります。

NO IMAGE

自意識過剰なメンヘラ女性の痛々しさ・・・映画『生きてるだけで、愛』感想

映画「生きてるだけで、愛。」は、うつ病の過眠障害で働けない、家事ができない、生きてる以外何もできない(生きてるのもややしんどい)自意識の強い女性が主人公の話です。 家で毎日寝ているだけですが、文句は人一倍多く、突然奇怪な行動を始めるインパクトの強いキャラです。しかし、どこか憎めません。

NO IMAGE

Amazonプライムビデオでイニシエーション・ラブが配信開始

Amazonプライムビデオで映画『イニシエーション・ラブ』が配信開始されました。 『イニシエーション・ラブ』は乾くるみの小説が原作の恋愛ミステリー映画です。前田敦子、松田翔太などが主演しています。 普通の恋愛映画と思いきや、最後にどんでん返しがあるのでとても面白いです。恋愛映画が苦手な人にもおすすめです。

NO IMAGE

タイトルは変わっているが、内容はどこかで見たことあるような話・・・映画『君の膵臓を食べたい』感想

「膵臓を食べる」というタイトルが変わってますが、内容はよくある話のような気がしました・・・。 根暗な男子高校生(北村匠海)が主人公です。あるとき、同じクラスの明るい女の子(浜辺美波)と仲良くなります。おとなしい彼は、元気な彼女に振り回されます。しかし、その女の子は実は重い難病を抱えていて・・という話です。

NO IMAGE

最後はちょっとしたホラーに・・・映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』感想

奥田民生に憧れる編集者の男性(妻夫木聡)が、仕事で知り合った魅力的な女性(水原希子)に振り回されるという話です。タイトルに奥田民生とありますが、映画の内容とはあまり関係がないです。BGMで奥田民生の歌が流れるくらいです。

女性同士の恋愛がテーマ。ケイト・ブランシェットの演技が見物。映画『キャロル』感想

映画『キャロル』は、写真家志望の若い女性(ルーニー・マーラ)と人妻の女性(ケイト・ブランシェット)が恋に落ちる話です。 主演は、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラです。特に、ケイト・ブランシェットの演技がすばらしかったです。お金持ちの中年女性の役ですが、身のこなしが上品でスマートで完璧でした。 1950年代のニューヨークが舞台です。レトロでノスタルジーな雰囲気が漂う映像も見ものだと思いました。

NO IMAGE

孤独な老女が語る、戦争中の報われぬ恋・・・映画『小さいおうち 』感想

小さいおうちは、戦争中の報われぬ恋を描いた作品です。中島京子の直木賞を受賞した小説が原作です。今はアパートで孤独に暮らすおばあさんの布宮タキ( 倍賞千恵子(晩年期)、黒木華(若年期))が回想録を書く形で物語は進んでいきます。タキは戦前・戦争中と住み込みの女中をしていました。

NO IMAGE

松山ケンイチと麻生久美子の少し変わった恋愛。映画『ウルトラミラクルラブストーリー』の感想

映画『ウルトラミラクルラブストーリー』を見ました。以下ネタバレありなので見ていない人は注意です。青森の農村でキャベツを作る松山ケンイチと、恋愛によるトラウマを抱え東京から移住してきた麻生久美子が恋愛する話です。松山ケンイチは軽い障がいがあり、さまざまなことがうまくできません。しかしそれでも麻生久美子に猛アタックをします。