映画『百円の恋』の感想

映画『百円の恋』を見ました。安藤サクラ演じるフリーターの女性がボクシングをする話です。

最初、安藤サクラは実家でニート生活をしていたのですが、家族と険悪になり、一人暮らしを始めます。下町のぼろアパートを借り、100円ショップでアルバイトをします。アルバイトに行く途中にボクシングジムがあり、そこでボクシングと出会います。

百円の恋という題名のように、安藤サクラは自分には100円の価値ほどしかない存在だという自覚があります。32歳、女性、フリーター、貧乏、不美人という安藤サクラの特徴が、おそらくこの社会では価値がないとされているからかもしれません。

100円ショップで時給数百円で働く安藤サクラは取り替え可能な存在です。実際、その100円ショップはアルバイトの入れ替わりが激しく、店長もうつ病でいなくなります。(ちなみに100円ショップでのエピソードも面白いです。たとえば、「毒ガス攻撃を受けている」と訴え、最後は包丁で強盗する中年女性や、妻子に逃げられた中年男性など)

新井浩文演じる中年ボクサー「狩野」が安藤サクラをデートに誘うエピソードも示唆的です。安藤サクラは狩野に「なぜ私をデートに誘ってくれたのか」と聞きます。すると狩野は「(お前だったら)デートしてくれそうだったから」と答えます。男性にとって、安藤サクラは唯一無比の存在ではなく、取り替え可能な存在であり、安藤サクラでなければならない理由など何もなかったのです。実際、安藤サクラはその後狩野に捨てられてしまいます。

そんな、仕事でも恋愛でも取り替え可能な自分に挑戦するように、安藤サクラはボクシングに打ち込むようになります。

安藤サクラの体当たりの演技

映画での見どころは安藤サクラの体当たりの演技です。

映画の最初に妹ととのけんかのシーンがあるのですが、これがまずすごい。安藤サクラは妹に頭からどばどばとケチャップをかけられます。このケチャップが髪にからまった安藤サクラの姿は、思わず見てはいけないものを見てしまったかのような、何とも言えない迫力があります。ケチャップまみれの女優さんというのもいままであまり見たことがありません。

また、最初はニート生活をしていたためか、太りに太っていた安藤サクラは、ボクシングを始めてから一気に体がひきしまります。まるで別人のようです。その間減量したと思うのですが、この映画の撮影期間はわずか2週間程度のことなので、短期間で一気に減量したようです。

タバコの量もすごいです。安藤サクラが喫煙者かどうかわかりませんが、安藤サクラは映画中暇があればタバコを吸っています。ボクシングを始めてからは吸わなくなるようですが、少し心配になるくらい吸っています。

さらに最後、ボクシングの試合終了後、安藤サクラの顔は大きく変形し、大きなあざができます。まさに最初から最後まで体当たりの演技をしていました。

主題歌もなかなかいいです。「クリープハイプ「百八円の恋」」

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1