ニュースでよく見る英単語「amid」の意味とは・・?

英語のニュースで「amid」という単語をよく見ます。

amidとはどういう意味なのでしょうか・・・

辞書などで調べると、「amid」の意味は、「真ん中に」「真っ最中に」という意味のようです。

「混雑」や「混乱」の真っ最中でというように使われることも多いようです。「ニュース」で使用されるとも書いてありますね。

a‧mid

1.while noisy, busy, or confused events are happening – used in writing or news reports:

a‧mid

有名な単語の「among」と意味が似ているようです。

「amng」と「amid」の違いについてネットで調べてみると、以下の情報がありました。

Amid is more formal than among. Also, amid is used for place, while among can be used for place and abstract ideas of groups. “I saw her amid the crowd.” “I saw her among the crowd.” “Among the students, she is the most intelligent.” But NOT “Amid the students, she is the most intelligent.” Also, to me “amidst” sounds better than “amid.” They are alternate versions of the same word but “amidst” has a more natural feeling to me.

amid と among はどう違いますか? | HiNative

ネイティブの人の意見では、amidはより「形式的」な言い方なようです。

また、amidは「特定の集団」には用いないようです。たとえば、「amid students」という用い方はしないようです。この場合はamongを用い、「among students」とするようです。

また、ほぼ同じ意味の「amidst」のほうがより自然に感じられるそうです。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1
コメントの入力は終了しました。