映画『さまよう刃』感想

映画『さまよう刃』を見ました。東野圭吾による長編小説が原作で、小説は150万部を超すベストセラーとなったそうです。あらすじは以下です。

会社員・長峰重樹の一人娘・絵摩が死体で発見される。悲しみに暮れる長峰に、数日後、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。 逡巡の末、電話で言われたアパートへ向かう。留守宅へ上がり込み、部屋を物色すると、複数のビデオテープが見つかる。そこには絵摩が犯人2人に陵辱されている映像が写っていた。偶然帰宅した犯人の一人・伴崎敦也を惨殺した長峰は、虫の息の伴崎からもう一人の犯人・菅野快児の潜伏場所を聞き出し追う。
少年犯罪被害者の悲痛の叫び、正義とは一体何なのか、誰が犯人を裁くのか。思いも寄らない結末が待ち受けていた。

さまよう刃

簡単に言うと、少年に娘を殺された父親が復讐をする話です。

父親は犯人が未成年だっため、十分な罰が与えられないと思い自分で復讐をします。

最後のほう、川崎駅の広場(チネチッタ川崎)で、猟銃を持った父親と犯人の少年が対面するシーンは迫力があります。

また、父親の復讐劇だけではなく、少年法や被害者遺族の問題など、最近話題となっているテーマも絡んでいる作品でした。

ちなみに、韓国でリメイクもされています。ネットだと韓国のリメイク作品のほうが評判が高いようです。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1