学生時代の友だちと一日旅行をするだけのゆるいロードムービー。映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』感想

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』イラスト

学生時代の楽しかった思い出をふと思い出したりしませんか?連絡はもうとってないけど、当時の友だちや恋人は何をしているのだろう・・・そんなことを思ったりしませんか?

そんな経験がある人は楽しめる映画だと思います。

この映画は簡単に言うと、学生時代の友達や恋人と1日だけ旅行をするという話です。

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』ストーリー

ストーリーは以下です。

フリーターの大川(窪塚洋介)のもとに突然、絶縁状態だった学生時代の友人・洞口(井浦新)が15年ぶりに現れる。「縁切った人と会っちゃったら、縁切れてねぇじゃねぇか。」「だからつないだんだよ」大川はあきれながらも言いくるめられ、同棲相手・楓(倉科カナ)と、洞口の昔の恋人だった(?)京子(市川実日子)を巻き込み、海へ行くことに。「今さらなんだよ」「何があったんだろ?」「おみやげ買いたい」どこかちぐはぐな空気と???がうずまく中、一日だけの特別(エクストリーム)な旅が始まる。どうして15年も会わなかったのか?

ジ、エクストリーム、スキヤキ

旅行をする中で、当時の楽しかった思い出が再び蘇ります。一方で、もうあの頃には戻れないという厳しい現実にも直面します。

楽しいけど少しヒリヒリと辛い気持ちにもなる、大人のロードムービーです。

ただし、特に何も事件は起こらず、ゆるい会話が延々と続きます。

キャストも豪華

窪塚洋介井浦新が主人公です。『ピンポン』でも共演していますが、2人の関係は絶妙です。ひょうひょうとした感じで、演技がとてもうまく、役にぴったりだと思いました。

また、窪塚洋介の彼女役で倉科カナ、井浦新の元の恋人役で市川実日子が出ています。この女性2人も非常に良いです。特に倉科カナがうまいと思いました。

監督は前田司郎

劇団「五反田団」を旗揚げした劇作家出身の監督です。

映画もどこか劇のような感じもしました。

Amazonプライム・ビデオ」でも見られます。


ジ、エクストリーム、スキヤキ(Blu-ray版)

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1