実際の事件に巻き込まれた人がそのまま出演。映画『15時17分、パリ行き』感想

15時17分、パリ行き(字幕版)

映画『15時17分、パリ行き』は、2015年8月21日にパリに向かう列車内で発生した銃乱射事件を題材とした作品です。

軍隊経験のある3人の若者が偶然居合わせ、犯人を取り押さえました。この若者たちのおかげで、大惨事が起こることはありませんでした。

この映画が少し変わっているのは、この実際に事件に巻き込まれた若者3人がそのまま出演している点です。役者ではなくて、素人が出演しているということです。

そのため、ドキュメンタリー作品に近いかもしれません。

実際の事件の臨場感

事件は未然に防ぐことができたので、アクション映画のような激しい銃撃戦はありません。

しかし、大きなことは起こりませんが、実際の事件の臨場感のようなものは感じられました。

★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1