TOEICの文法対策におすすめの参考書『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』

最近、TOIECの参考書を買いました。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』です。TOEICの文法問題を対策するのにとても良い本だと思いました。

これまでにもTOEIC関係の文法の本は何冊か購入しましたが、その中でも1番良いと思います。そこで、この本の良いと思う点をいくつか紹介します。

「問題数が多い」

まず、問題数が多いです。

問題数は全部で1000問あります。これほど問題数が多い参考書はほかに知りません。

TOEICは問題のパターンを知ることが重要だとよく言われます。似たような問題が出題されることが多いからです。そのため、この参考書で多くの問題を解けばパターンがわかるようになると思います。

「解説が詳しい」

また、解説が詳しいのも良いと思います。

問題数が多いのにもかかわらず、問題の一つ一つに丁寧に解説が加えられています。これもすごいことです。

おそらく通常の参考書の場合、問題数が多いと解説が少ない、問題数が少ないと解説が多い、ということが多いように思われます。しかしこの本は違いました。

TOEICの文法対策に関しては、おそらくこれを1冊やれば問題ないように思えました。

語学は複数の本にあれこれ手を出すよりも、1冊の本を何度も繰り返したほうが良いと言われます。問題数も多いですし、この本を何度も繰り返すのが1番良いのかもしれません。

また、これをやればTOEICだけでなく、英語の文法の能力も身に付くように思えました。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1