「tobacco」と「cigarette」の違いは?

喫煙席

「タバコ」は英単語の「tobacco」から来ていますが、他にもタバコを意味する単語として「cigarette(シガレット)」があります。「tobacco」と「cigarette」の違いは何なのでしょうか?

「tobacco」と「cigarette」の違いは?

「tobacco」は「植物」のタバコ、「cigarette」は「紙巻」のタバコです。

また、「cigar(シガー)」は「葉巻です。

「cigarette」は、「cigar(葉巻)」に「rette(小さい)」が結びついたもので、「小さな葉巻」という意味にもなります。

ちなみに、最近「電子タバコ」も人気です。電子タバコは、「electronic cigarette」です。また、スラングで「e-cigarette」または「Vape」ともいいます。

受動喫煙、Smoke Freeの意味

「受動喫煙は」、「secondhand smoke・smoking /passive smoking間接喫煙は「environmental tobacco smokeです。

また、「Smoke Free」という言葉がありますが、これは「喫煙は自由」ではなく、「喫煙がない状態」、つまり「喫煙は禁止(禁煙)」です。「no smoking」と同じです。

「Smoke Free」という言葉は結構見かけるので注意が必要です。

「まとめ」

  • tobacco=「植物」のタバコ
  • cigarette=「紙巻」のタバコ
  • cigar=葉巻
  • electronic cigarette / e-cigarette / Vape=電子タバコ
  • secondhand smoke・smoking/passive smoking=受動喫煙
  • environmental tobacco smoke=間接喫煙
  • Smoke Free=禁煙

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1
コメントの入力は終了しました。