映画一覧

スポンサーリンク
ウイジェット3
NO IMAGE

小さな魚雷艇で日本の巨大駆逐艦と戦う。映画『コレヒドール戦記』を見る

Amazonプライムビデオで、『コレヒドール戦記』を見ました。 太平洋戦争におけるフィリピンの戦いを描いた作品です。 太平洋戦争初期なので、アメリカ軍が負けています。日本軍に苦戦し、撤退するアメリカ軍兵士の苦悩を描いています。原題は「They Were Expendable(兵士は消耗品でしかない)」です。 1945年製作のアメリカ映画です。監督はジョン・フォード、主演はジョン・ウエインです。

NO IMAGE

タイトルは変わっているが、内容はどこかで見たことあるような話・・・映画『君の膵臓を食べたい』感想

「膵臓を食べる」というタイトルが変わってますが、内容はよくある話のような気がしました・・・。 根暗な男子高校生(北村匠海)が主人公です。あるとき、同じクラスの明るい女の子(浜辺美波)と仲良くなります。おとなしい彼は、元気な彼女に振り回されます。しかし、その女の子は実は重い難病を抱えていて・・という話です。

NO IMAGE

最後はちょっとしたホラーに・・・映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』感想

奥田民生に憧れる編集者の男性(妻夫木聡)が、仕事で知り合った魅力的な女性(水原希子)に振り回されるという話です。タイトルに奥田民生とありますが、映画の内容とはあまり関係がないです。BGMで奥田民生の歌が流れるくらいです。

NO IMAGE

日本人でも共感できる?反抗的な女子高生が主人公の青春映画、『レディ・バード』感想

Amazonプライムビデオで、『レディ・バード』を見ました。親や学校に反抗的な女子高生(レディ・バード)が主人公の青春映画です。親はやりたいことにいつも反対するし、学校は規則が厳しくて自由がない。地元はぱっとしない田舎で欲求不満がたまる・・・。誰もが一度は経験したことのあるようなことなので、共感できる人は多いのではないでしょうか。

NO IMAGE

アマゾンプライムビデオで、映画『祈りの幕が下りる時』を見る。究極の自己犠牲がテーマ?

映画「祈りの幕が下りる時」は、東野圭吾の小説が原作の映画です。アマゾンでの評価が非常に高かったので、今回プライムビデオで見てみました。アパートで見つかった中年女性の腐乱死体がきっかけで、様々な謎が浮かび上がってくるというストーリーです。背景には「貧困」があり、松本清張の「砂の器」と似ているという話もあります。

女性同士の恋愛がテーマ。ケイト・ブランシェットの演技が見物。映画『キャロル』感想

映画『キャロル』は、写真家志望の若い女性(ルーニー・マーラ)と人妻の女性(ケイト・ブランシェット)が恋に落ちる話です。 主演は、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラです。特に、ケイト・ブランシェットの演技がすばらしかったです。お金持ちの中年女性の役ですが、身のこなしが上品でスマートで完璧でした。 1950年代のニューヨークが舞台です。レトロでノスタルジーな雰囲気が漂う映像も見ものだと思いました。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1