CGもセットもほとんどなしで撮影。実際の事故を基にした映画『エベレスト 3D』の感想

映画『エベレスト 3D』を見ました。

エベレスト登山ツアーの参加者たちが不運な事故に遭うという話です。

1996年に起きたエベレストでの大量遭難事故を基にしています。

事故の内容は以下が詳しいです。

実際の事故を基にしているため、事故の様子はとてもリアルで恐ろしかったです。

事故に遭った人の中には日本人登山家の難波康子さんも含まれています(日本人女性で2番目にエベレストに登頂したそうです)。

以下、ネタバレありでストーリー、見どころを紹介します。

「下山で事故に遭う」

登山ツアーの参加者数人は、エベレストの登頂に成功します。

しかし、下山のときに事故に遭います

これは、ツアー客の1人が(遅れても)どうしても登頂がしたいと言いだし、それで下山する時刻が遅れてしまったためです。

おそらく、登頂を諦めて下山すれば事故は起きなかったのかもしれません。

下山予定時刻を過ぎると、エベレスト山頂付近は急に天候ががらりと変わり、猛吹雪になります。ツアー客とインストラクターは寒さで体力を奪われ、次から次へと倒れていきます。

「登山ツアーというビジネスが悲劇の原因?」

エベレスト登山ツアーという「ビジネス」も事故の原因として考えられます。

ツアーは料金が非常に高額(数百万)です。そのため、客はその元を取りたいと思い、無理をしてでも登頂しようとします。中には、エベレストの登頂を人生の目標にしている人もいて、肉体労働で必死にお金を貯めて来ている客もいました。

そして、ツアーの運営者はそのような顧客の要望に応えざるを得ません。

この人命よりもビジネスが優先される構図が事故の原因に見えました。

「見どころ」

見どころはやはり遭難するシーンだと思います。

最初から中盤までは、まるでピクニックに行くような和やかな雰囲気です。

しかし、後半は猛吹雪になり、人が倒れ、凍りついていきます。

この前半と後半のシーンのギャップが大きくて恐ろしかったです。そして、おそらくこれが「山」の魅力と恐ろしさなのでしょう・・・。

私は高所恐怖症なので、そもそもなぜ大金を払ってまで苦しく危険な登山をしたいのか、それがほとんどわかりませんでした・・・。

しかし、登山好きじゃなくても事故に遭うシーンなどは迫力があり、見て損はない映画だと思いました。

「撮影は命がけ」

撮影はCGやセットを極力使わなかったそうです。

多くの場面は標高4876mの山中で行われ、実際にエベレストでの撮影も行われました。

そのため、大雪で雪崩が起きたり、寒さでカメラが壊れたり、キャストは高山で命の危険を感じたそうです。

★★★★


エベレスト 3Dブルーレイ+ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1