原子力潜水艦が故障し、放射能まみれになる乗員たち・・・映画『k-19』感想

ソ連の原子力潜水艦「k-19」で実際に起きた事故を基にした映画です。

原子力潜水艦の原子炉が故障し、原子炉内の温度が急上昇してしまいます。もしこのまま温度が上昇していくと、核爆発が起きてしまいます。

映画ではその爆発の規模は「ヒロシマ」以上だと表現されています。

放射能まみれになる乗員たち・・・

最悪な事態を避けるため、急いで乗員たちは原子炉内に入ります。

しかし、手違いか何かで潜水艦内に防護服はありませんでした(艦長はただのレインコートを防護服だと嘘をつきます。)

乗員は体を守るものが何もない状態で、放射能まみれになりながら作業をすることになります放射能は致死量の10倍に達していたそうです。

結局原子炉内に入った乗員の多くは死んでしまいます。

以前東海村で事故に遭った人の写真を見たことがありますが、映画で被ばくした人もそれと似たような感じでした・・・。

とにかくショッキングなシーンでした。

米ソの冷戦も事故に影響・・・

さらに、事故の後、乗員たちはソビエト政府から「事故について一切話さない事」と誓わされます。

原子力潜水艦内での事故という特殊な事情に加えて、米ソの冷戦という政治的な事情がさらに事故の対応などをややこしくさせてしまいます・・・。

監督はキャスリン・ビグロー

監督は『ゼロ・ダーク・サーティ』などのキャスリン・ビグローです。

また、ハリソン・フォードがややムカつく艦長を演じています。リーアム・ニーソンも主演しています。2人の演技も見ものだと思います。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

★★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1