ベルナルド・ベルトルッチ監督の遺作。映画『孤独な天使たち』イラストと感想

映画『孤独な天使たち』イラスト

映画『孤独な天使たち』イラスト

家にも学校にも居場所のない孤独な少年と、麻薬依存症で血のつながりのない姉が1週間一緒に暮らす話です。

禁断症状で苦しむ姉を少年が助けることで、2人は次第に仲良くなります。

殻に閉じこもる少年は、自分と正反対の性格の姉と共同生活をすることで、成長します。

イタリア映画で、監督はベルナルド・ベルトルッチです。

アリを眺めることが趣味の暗い少年

面白いのが、この少年の趣味は「アリを眺めること」ことです。独りが好きで、学校のスキー旅行もさぼって地下室にこもります。

イタリア人は明るい人が多いようなイメージがあるので、こんな暗い性格の人もいるのかと意外でした。このようなキャラクターは日本人も共感しやすいのではないかと思えました(エヴァンゲリオンの主人公のような)。

ベルナルド・ベルトルッチ監督の遺作

監督のベルナルド・ベルトルッチは、『ラストエンペラー』『ラストタンゴ・イン・パリ』などで知られる有名な監督です。2018年に亡くなり、この『孤独な天使たち』が遺作となりました。

映画『孤独な天使たち』は「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1