会社でストレスたまっている人におすすめ?サラリーマンが会社で殺し合いをする映画、『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』の感想

会社で働いている人は、会社の人間関係でストレスを抱える人も多いと思います。

そんな人におすすめ?かもしれないのが、映画『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』です。

この映画は、サラリーマンが会社で殺し合いをする映画です。ジャンルはバイオレンス・サバイバル・アクションになります。

以前、中学生が殺し合いをする『バトル・ロワイヤル』という映画が話題になりましたが、その大人版です。ただし、こちらのほうが描写が過激です。

『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』のストーリー

従業員が、いつものように会社に出勤します。仕事を始めようとすると、アナウンスが流れます。

「8時間後にほぼ全員が死にます。30分以内に同僚2人を殺せば生き残る確率があがります。」

従業員は、安全のために避難しようとします。しかし、会社のビルの窓やドアはすべて頑丈なシャッターで閉められてしまいます。逃げ場を失った従業員の人たちに、タイムリミットの30分が近づきます・・・。

『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』のスタッフ・キャスト

監督はグレッグ・マクリーン(Greg Mclean)です。『マンイーター』などのパニック映画で知られています。

主要なキャストは以下です。

  • マイク・ミルシュ=(主人公)ジョン・ギャラガー・Jr
  • バリー・ノリス=(主人公の上司)トニー・ゴールドウィン
  • Leandra=(主人公のガールフレンド)エイドイア・アージョナ

『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』の見どころ

まず、誰が生き残るのかわからないサスペンス要素が見どころです。主役級の人が途中で死んでしまうので、本当に最後までわかりません。

次に、密室化した会社の中で戦うので、オフィスの備品や机が即席の武器や盾となります。身近な物でいかにして戦うのかというのも見どころです。

『サラリーマン・バトル・ロワイヤル』イラスト

さらに、映画の時間も比較的短いので、気軽に見られる作品です。ただし、グロいのが苦手な人は見ないほうがよいと思います・・・。

加えて、ヒロインぽい女性(エイドイア・アージョナ)がとてもきれいなので、そちらも見どころです。調べたところ、プエリトリコ出身の女優さんのようです。

今なら「アマゾンプライムビデオ」で見れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする