ブータン人男性の孤独・・・。映画『アヒルと鴨のコインロッカー』の感想

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』は、伊坂幸太郎の小説を映画化した作品です。この小説は、第25回吉川英治文学新人賞を受賞しています。

とにかくとても面白い作品で、私はもう3回以上見ています。

以下、簡単なストーリーや見どころ、キャストを紹介します。ネタバレありです。

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』ストーリー

椎名(濱田岳)は大学入学で仙台に引っ越してきます。そこで隣人の河崎(瑛太)という、少し変わった男と知り合います。河崎は椎名に、「本屋を襲撃して広辞苑を盗もう」と誘います。

さらに、河崎は椎名に隣人のブータン人「ドルジ」の話をします。以前、ドルジには仲の良い日本人の恋人と友だちがいましたが、不幸な出来事で2人を失ってしまったというのです。

一方で、椎名はペットショップのオーナーの女性(麗子)に「河崎には気をつけろ」と注意されます。

この少し変わった河崎と椎名の交流と、河崎が語るブータン人のドルジとその恋人・友人の「過去の物語」が、同時並行的に進んでいきます。そして、最後に大きなどんでん返しがあります。

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』の見どころ

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』イラスト

見どころは、最後のどんでん返しです。

実は、河崎(瑛太)が語るブータン人の「ドルジ」は河崎自身のことで、河崎という名前は日本人の友人の名前だったのです。

このどんでん返しはただびっくりするだけでなく、とても悲しい気持ちにもなります。

というのは、ドルジ(河崎)は見知らぬ土地で恋人と友人を同時に失ってしまったからです。そして、残ったのはICレコーダーに残った音声だけです。

おそらく、1人残されたドルジ(河崎)は、何度も何度もその音声を聴いたことでしょう。そしてその結果として、完璧な日本語をマスターし、見た目も日本人そっくりになったのです。

ドルジ(河崎)が恋人と友だちを失ってからの日々を想像すると、とても悲しい気持ちになります。

仙台という街も郊外化が進んで寂しい感じがする

また、この映画の舞台は仙台です。

ロードサイドに大型のショッピングセンターなどが並ぶ、典型的な日本の郊外のように見えました。

このような場所は、新しく来た人にとっては寂しく感じられるのではないかと思いました。

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』キャスト

  • 椎名(主人公の大学生)=濱田岳
  • 河崎(隣人の男。椎名に本屋の襲撃をもちかける)=瑛太
  • 琴美(ドルジの恋人)=関めぐみ
  • ドルジ(ブータンからの留学生)=田村圭生
  • 謎の男(ドルジに日本語を教える)=松田龍平
  • 麗子(ペットショップのオーナー)=大塚寧々

今だと「アマゾンプライムビデオ」で見れます。

★★★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1