【韓国映画】『暗殺』の配信、あらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

Amazonプライムビデオで韓国映画『暗殺』を見ました。

日本統治下の韓国で、韓国独立軍が日本の司令官を暗殺しようとする話です。

この映画の配信、あらすじ、ネタバレ、キャスト、感想を紹介します。

スポンサーリンク

韓国映画『暗殺』のあらすじ

1911年、日本が朝鮮半島を支配していた頃、抵抗運動家のヨム・ソクチンは、親日派の実業家カン・イングクと日本の司令官を殺害しようとしますが失敗します。

その夜、カンは自分の妻がヨムに協力していたことを知り、彼女を殺してしまいます。これを見た乳母は、カンの双子の娘の1人と逃げます。

1933年、朝鮮、中国、満州で30以上の朝鮮独立派が活動しています。ヨムは、そのうちの1つのグループのリーダーとなっていましたが、彼は1911年に日本軍から拷問を受けたことで日本側に寝返り、スパイとなっています。しかし、同僚たちは彼が日本側と通じていることを知りません。

ヨムは、杭州でキム・クーなどの韓国の政治家と会い、独立軍の精鋭であるチュ・サンオク(速射砲)、ファン・ドクサム(爆弾専門家)、アン・オギュン(凄腕のスナイパー)の3人を集め、上海でカンと川口守という日本の将軍を暗殺してほしいと頼まれます。しかし、彼らを上海に連れてきたヨムは、その情報を日本側に売ってしまいます。

ヨムの忠誠心を疑うキム・クーは、部下のミョンウとセグァンに、ヨムを尾行し、スパイなら殺せと指示します。しかし、ヨムは銃撃戦の末、彼らを殺します。

さらに、ヨムはハワイ・ピストルという凄腕の殺し屋と会い、レジスタンスの3人が日本のスパイだと嘘をつき、巨額の報酬で殺すように依頼します。

ハワイ・ピストルは、ソウルでチュを撃ちます。

チュを失ったファンとアンの2人は、ガソリンスタンドでターゲットを待ち伏せをし、暗殺計画を進めます。しかし、ガソリンスタンドに来た車はおとりで、ファンと親韓派の木村が殺されてしまいます。

アンはハワイ・ピストルに待ち伏せされますが、彼は彼女に同情し、助けます。さらに、アンがカンの行方不明の双子の娘(満子)であることを知ります。

カンのもう1人の娘は、川口の息子と婚約しており、アンの存在を知って彼女のアパートを訪れますが、父のカンとヨム、そして兵士たちによって殺されてしまいます。彼らはアンを殺したと誤解します。

数日後、アンは双子の娘になりすまし、花嫁として結婚式に出席します。ハワイ・ピストル、バディ、そして、回復したチュの3人が結婚式を襲撃します。アンは川口を殺し、ハワイ・ピストルはカンを殺します。

ビッグガンは、川口の息子を人質にして逃げようとしたところを撃たれ、彼らは軍に包囲されてしまいます。ハワイ・ピストルは、上海で再会することを約束して、アンとキスをします。

外に出たアンは日本兵に助けられ、その後、上海に戻ります。ハワイ・ピストルとバディは逃げようとしますが、ヨムに殺されてしまいます。

ヨムは日本への貢献を認められ、秘密警察の長官となります。しかし、第二次世界大戦で日本は敗北し、韓国は解放されます。

1949年、戦争犯罪調査委員会は、韓国警察の幹部となったヨムを調査しますが、ヨムは自分はレジスタンス活動をしていたとを主張し、無実を主張します。ヨムの有罪を証明する唯一の目撃者が殺害されていたため、告発は取り下げられます。

裁判を終え、街中を歩いていたヨムは、アンとミョンウに出会い、2人から追いつめられます。2人はヨムを撃ち、ヨムは死にます。

韓国映画『暗殺』の監督、キャスト

韓国映画『暗殺』のキャスト

  • アン・オギュン(韓国独立軍の凄腕スナイパー。満子) / チョン・ジヒョン
  • ヨム・ソクチン(臨時政府警務局隊長。日本側のスパイ) / イ・ジョンジェ
  • ハワイ・ピストル(殺し屋) / ハ・ジョンウ
  • 爺や、バディ(ハワイ・ピストルのパートナー) / オ・ダルス
  • チュ・サンオク(速射砲) / チョ・ジヌン
  • カン・イングク(親日派)/ イ・ギョンヨン
  • ファン・ドクサム(爆弾専門家。行動派独立軍)/ チェ・ドクムン
  • 執事 / キム・ウィソン
  • 川口守 / パク・ビョンウン(朝鮮駐屯軍司令官)

韓国映画『暗殺』の監督

  • チェ・ドンフン

その他の監督作品に、『10人の泥棒たち』『チョン・ウチ 時空道士』などがあります。

韓国映画『暗殺』の感想

重い歴史がテーマの作品ですが、激しい銃撃戦や、スパイによる裏切りなど、アクションやサスペンス映画としてとても楽しめました。

ただし、複数のレジスタンスや、双子の姉妹など、人物関係を理解するのが少し大変でした。

また、役者の日本語が少しつたない感じがするので、せめて日本人役は日本人が演じたほうがいいのではと思いました。

韓国映画『暗殺』を配信する動画サービス

韓国映画『暗殺』は、下記の動画配信サービスで観ることができます

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオでは、韓国映画『暗殺』を見放題で視聴できます。

動画サービス名Amazonプライムビデオ
月額(税込)500円
ポイント付与なし
無料お試しあり(30日間)

U-NEXT

U-NEXTでは、韓国映画『暗殺』を見放題で視聴できます。

月会費はやや高めですが、映画の量も質もNo.1ですので、映画好きの人には特におすすめの動画配信サービスです。
動画サービス名U-NEXT
月額(税込)2189円
ポイント付与毎月1200ポイント付与あり
無料お試しあり(31日間)

*時期により配信が終了していることがあります。

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。

作品数は200000本以上で、数あるVODの中でも一番です。新作からマニアックな作品まで、とにかくたくさんの作品が見たいという人におすすめです。

月額2,189円(税込)~で、まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

アクション映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました