映画『ザ・アウトロー』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

Amazonプライム・ビデオで映画『ザ・アウトロー』を見ました。

道路での激しい銃撃戦と、スパイ映画のような銀行への潜入シーン、そして最後のオチが面白かったです。ちなみに続編(Den of Thieves2)も制作されているようです。

スポンサーリンク

映画『ザ・アウトロー』あらすじ

ロサンゼルスで、レイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)率いる元MARSOC海兵隊のチームが装甲車をハイジャックします。警察との銃撃戦の末、メリーメンの仲間の1人を含む数名が死亡し、ハイジャック犯は空のトラックで逃走します。

仮釈放されたばかりのメリーメンを第一容疑者として、LASDのニック・オブライエン刑事が強盗事件を捜査します。ニックのチームはバーテンダーのドニー・ウィルソンを捕まえると、ドニーは強盗団の運転手をしたことを告白します。

メリーメンたちは、厳重に警備された連邦準備銀行を襲う準備をしていました。毎日約3,000万枚の古い紙幣が流通から取り除かれるため、シュレッダーにかけられる前に追跡不可能なお金を盗むことを計画していました。

ニックのチームは、中華料理の配達員としてドニーを連邦準備銀行内に潜入させます。メリーメンのチームは、ドニーがスパイだと疑います。銃口を向けられたドニーは、ニックに尋問されたことを認めます。しかし、驚いたことに、メリーメンは強盗の時間をニックに伝えるように命じます。

ドニーはニックに情報を伝えますが、強盗が行われる場所は知らないと否定します。ニックはメリーメンのガールフレンドと寝ますが、ガールフレンドはメリーメンの指示により、ピコ・リベラの銀行を襲うことを明かします。

強盗の当日、ニックのチームが近くで待機していると、メリーメンの一味がピコ・リベラの銀行に押し入り、人質を取って身代金とヘリコプターを要求します。FBIが交渉しようとすると、一味は人質の女性を処刑する仕草を見せます。ニックは焦って銀行に乗り込むと、人質は生きており、一味は下水道に逃げ去っていました。

メリーメンと右腕のレヴィは、盗んだ装甲車とスタジアムマネーを使って、現金を下ろしている警備員を装い、連邦準備銀行に潜入します。ドニーは現金の入ったカートの中に隠れていましたが、窃盗団が部屋の電源を遮断し、停電のように見せかけ、彼は計数室の中に連れて行かれます。ドニーは、シュレッダーにかけられた紙幣をゴミ箱に入れ、電磁パルスを発生させて部屋の防犯カメラを使えなくします。ドニーはエアダクトを通ってトイレに行き、メリーメンとリヴァイが出発するのを見計らって、宅配便の制服を着てビルを出ます。

ゴミ収集車はお金の入ったゴミを拾いますが、それを泥棒たちが横取りします。ニックのチームはドニーを捕らえ、メリーメンの逃走経路を明かさせます。渋滞に巻き込まれたメリーメン一味は、近づいてきたニック一味を見つけて銃撃戦になり、副保安官の “ボラーチョ “と泥棒のボスコが殺されます。

徒歩で逃げるニックを尻目に、レヴィは殺され、メリーメンは重傷を負います。追い詰められたメリーメンは、空になった銃を振り上げ、ニックに撃たれてしまいます。メリーメンの車からは金の代わりに、シュレッダーにかけられた紙袋だけが発見され、FBIはニックに、すべての通貨は連邦準備銀行で管理されており、ドニーは逃亡したと伝えます。

ニックはドニーのバーを再訪するが、彼が辞めたことを知ります。ドニーは、バーの常連客から情報を得て強盗の計画を立て、仲間を募って金を横取りし、メリーメンの手下を裏切ったのです。

ドニーは金をパナマに運び、共犯者とともにロンドンに逃れています。彼はダイヤモンド取引所の向かいにある別のバーで働いています。この取引所が次のターゲットです。

映画『ザ・アウトロー』キャスト

ニック・オブライエン刑事 / ジェラルド・バトラー

刑事のニックを演じるのはジェラルド・バトラーです。スコットランド出身の俳優で、映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の主役などで知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Warning: don’t talk to me until I’ve had my coffee. 😂 #FestinaAlwaysFits #WearAWatch @festina.watches

Gerard Butler(@gerardbutler)がシェアした投稿 –

レイ・メリーメン(強盗団のリーダー) / パブロ・シュレイバー

元アメリカ海兵隊特殊作戦コマンドで、強盗団のリーダー・レイを演じるのはパブロ・シュレイバーです。カナダ出身の俳優です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tenerife, I’m yours…

Pablo Schreiber(@officialpabloschreiber)がシェアした投稿 –

ドニー・ウィルソン / オシェア・ジャクソン・Jr

事件の鍵を握る元海兵隊員です。

監督はクリスチャン・グーデカスト

監督はクリスチャン・グーデカストで、この作品がデビュー作です。

1970年生まれのアメリカ人脚本家・映画監督です。1992年にUCLA Film Schoolを優秀な成績で卒業し、ラップミュージックのビデオ監督からキャリアをスタートさせました。

原題は「Den of Thieves」

ちなみに原題は「Den of Thieves」で、「泥棒の巣窟」のような意味でしょうか。

denは動物の巣穴のことで、これが転じて「隠れ家」「(良からぬ行いの)巣窟」と言う意味があります。

続編(Den of Thieves2)も制作決定

続編(Den of Thieves2)制作が決定しています。

監督によると、続編はヨーロッパが舞台で、ピンク・パンサー(Pink Panthers)とダイアモンド窃盗団の話になるようです。

映画『ザ・アウトロー』の感想

見どころは道路での激しい銃撃戦です。銀行強盗に成功し、逃げる途中で渋滞にはまった犯人たちと、それを追いかける刑事たちがマシンガンで激しい銃撃戦を繰り広げます。犯人たちは元海兵隊員なので、戦闘には慣れており、警察と互角かそれ以上に戦います。

また、犯人が偽装して銀行に潜入するシーンも、まるでスパイ映画を見ているようで面白かったです。

最後のオチも面白いです。意外な人物が後ろで手を引いていたことがわかります。

まとめ

銃撃戦のアクションと、銀行に潜入するスパイ映画のようなシーン、そして意外なラストありと、様々な楽しみ方ができる作品でした。

映画『ザ・アウトロー』は、「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

 

 

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数200000本以上。

まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

アクション映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました