ナチスドイツに追われた男が極寒の雪山を逃げる話。映画『ザ・ハント ナチスに狙われた男 』感想


Amazonプライム・ビデオで映画『ザ・ハント ナチスに狙われた男』を見ました。ドイツ軍への破壊工作に失敗したノルウエー人が、ドイツ軍に追われてノルウェーの雪山を逃げる話です。実話を基にしています。

冬の装備も持たず、裸足の片足で凍る海の中や吹雪の雪山を逃げます。見ているだけで寒くなります。

スポンサーリンク

映画『ザ・ハント ナチスに狙われた男 』ストーリー

1943年、イギリス軍に訓練されたノルウェー人のレジスタンス活動家12人が、ノルウェーを占領中のドイツ軍に対して破壊工作をするため、漁民に偽装して上陸を試みます(Operation Martin)。

しかし、情報がドイツ軍に漏れており、待ち伏せしていたドイツ軍から攻撃を受けます。(史実によると、ノルウエーの工作員が誤って地元の協力者と同じ名前の別人に情報を伝えたため、それでドイツ軍に報告されてしまったそうです)

11人が死ぬか捕まり、ただ1人ヤン(トマス・グルスタッド)だけが逃げることに成功します。

ドイツ軍はすぐにヤンを追いかけます。ヤンは地元の人の協力を得ながら、ノルウエーの凍る海や雪の中を隠れながら逃げます。

映画『ザ・ハント ナチスに狙われた男 』感想

とにかく見ているだけで寒いです。主人公は冬の装備も持たず、裸足で雪山を走り、氷点下の海の中に入ります。さらに、ドイツ軍からの攻撃も受けるので、絶望的な状況です。

主人公は最終的に足の指が壊死してしまい、ナイフを使い、自分で壊死した指を切り落とします。このシーンがショッキングでした。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

タイトルとURLをコピーしました