映画『ミッドナイト・ラン』のあらすじ、ネタバレ、感想

ミッドナイト・ラン』は、ロバート・デニーロ演じる元警官の賞金稼ぎと、マフィアのお金をチャリティに寄付した会計士が、警察とマフィアから逃げる話です。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイト・ラン』のあらすじ

賞金稼ぎのジャック・ウォルシュ(ロバート・デニーロ)は、会計士のジョナサン・マデューカス (チャールズ・グローディン)をロサンゼルスに連れ戻すよう、保釈保証人のエディ・モスコーニに依頼されます。

この会計士は、シカゴ・マフィアのボス、ジミー・セラノから1500万ドルを横領した後、モスコーニが用意した45万ドルの保釈金を踏み倒していました。

また、ウォルシュは同時にFBI捜査官のアロンゾ・モズリーに声をかけられます。モズリーは、マデューカスを証人にしたいと考えており、ウォルシュにマデューカスに近づかないように命令します。しかし、ウォルシュはそれを意に介せず、モーズリーの身分証明書を盗み、それを使ってFBI捜査官になりすまして旅を続けます。

一方、セラノの子分であるトニーとジョーイは、ウォルシュに100万ドルでマデューカス を引き渡すよう交渉しますが、ウォルシュはそれを断ります。

ウォルシュはニューヨークでマデューカス を捕らえ、空港からモスコーネに電話をかける。しかし、彼はモスコーネの回線がFBIに盗聴されていることや、助手のジェリーがセラノの部下に密告していることを知りません。

マデューカスは飛行機の中でパニック障害を装い、2人は列車での移動を余儀なくされてしまいます。ウォルシュとマデューカスが時間通りにロサンゼルスに現れなかったため、モスコーニはライバルの賞金稼ぎマービン・ドルフラーを呼び寄せ、彼らを探させます。

ドルフラーはウォルシュを追跡し、デュークを奪おうとします。しかし、ウォルシュに先を越され、列車を降りて逃げられてしまいます。しかし、ウオルシュがバスのチケットをクレジットカードで買おうとすると、ドルフラーが彼のカードを解約していたことを知ります。

資金のないウオルシュは、車を盗んだり、シカゴで元妻の車を借りたり、ヒッチハイクをしたりと、他の手段に頼らざるを得なくなります。

一方、列車内での小競り合いの情報がモズリーの耳に入り、彼は対策本部を立て、ウォルシュとマデューカスを探し出します。

やがてウォルシュは、10年前にシカゴで潜入捜査を行い、警察官のほとんどと通じている麻薬の売人に近づこうとした過去を明かします。ジャックはその売人を逮捕しようとしましたが、悪徳警官にヘロインを家に仕込まれてしまいます。刑務所に入ることも、売人のために働くことも避けるために、ウォルシュは警察を辞めてシカゴを離れ、賞金稼ぎになりました。

妻は彼と離婚し、汚職をしている警部補と結婚します。しかし、それ以来、ウォルシュは、いつか元妻と再会できるのではないかという虚しい希望にしがみついています。その後、マデューカスは麻薬の売人がセラノであったことを知ります。

アリゾナ州セドナの近くで、ウォルシュからマデューカスを奪ったドルフラーは、その後モズリーに見つかり逮捕されます。モズリーに拘束されたウォルシュは、モスコーネに電話をします。そして、彼はドルフラーが200万ドルでマデューカスをセラノに引き渡すつもりだと気づきます。

ウォルシュはセラノの部下に電話をかけ、セラノの犯罪情報が入ったコンピュータ・ディスクを持っていると嘘をつき、セラノがマデューカスを無傷で返してくれたら、ディスクを渡すと約束します。

ウオルシュはモズリーと取引をし、セラノに罪を着せ、モスコーネにマデューカスを渡すように仕向けます。ウオルシュはセラノと会い、セラノはディスクを奪った後、FBIに逮捕されます。

モズレーは、マデューカスをウォルシュに引き渡します。しかし、ウォルシュはモスコーネに電話し、期限に間に合ったことを確認すると、すぐにマルデューカスを解放します。

別れ際、ウォルシュは結婚前に妻からもらった時計をマデューカスに渡します。マデューカスはそのお返しに、隠していたマネーベルトで30万ドルをウォルシュに渡し、これは報酬ではなく「贈り物」だと伝えます。

ウォルシュはそれを受け取ってタクシーを止め、運転手に1000ドル札のお釣りがあるかどうかを尋ねます。タクシーはそのまま走り去ってしまい、彼は徒歩で家路につきます。

映画『ミッドナイト・ラン』の監督・キャスト

キャスト

  • ジャック・ウォルシュ(元警官の賞金稼ぎ) / ロバート・デ・ニーロ
  • ジョナサン・マデューカス(会計士)/ チャールズ・グローディン
  • アロンゾ・モーズリー(FBI捜査官) /ヤフェット・コットー
  • マービン・ドーフラー(賞金稼ぎ) / ジョン・アシュトン
  • ジミー・セラノ(マフィア) / デニス・ファリーナ
  • エディ・モスコーネ(保釈保証人) / ジョー・パントリアーノ

監督

  • マーティン・ブレスト

エディ・マーフィ主演の『ビバリーヒルズ・コップ』や『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』の監督です。

映画『ミッドナイト・ラン』の感想

特に、中年男性の友情がすばらしいと思いました。

荒っぽい性格のバウンティーハンターと、穏やかな性格の会計士が徐々に仲良くなっていきます。正反対とも思える性格の2人が仲良くなるのが見てていてほほえましいです。

最後の2人が別れるシーンもよかったです。

ちなみに、タイトルの「Midnight Run」はスラングで、「一晩で終わる仕事」と言う意味です。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」見られます。

★★★★

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数200000本以上。

まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

アクション映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました