スキー場のリフトに取り残された3人、スキー場が開くのは一週間後。映画『フローズン』感想

フローズン(字幕版)

映画『フローズン』は、大学生の男女3人がスキー場のリフトの上に取り残されてしまうという話です。以下、映画の簡単な紹介です。ネタバレありです。

大学生の男女3人は、無理を言って営業終了直前のリフトに乗せてもらいます。しかし、リフトの係員は3人の存在を忘れてリフトを止め、そのまま帰ってしまいます。そうして、3人はリフトに取り残されてしまうのです。

スキー場は週末しか営業していないので、助けが来るのは一週間後です。3人はリフトから脱出しようとしますが、リフトは山の途中で停止しているので、地上からは高い位置にあり脱出は非常に困難です。さらに、下には獰猛な狼がうようよしています。

3人ははたして助かるのでしょうか・・・という話です。自分だったらどうするだろうかと考えるのも面白いです。

「リフトから飛び降りたが失敗・・・」

最初、3人は助けを待ちますが、夜のスキー場はとても寒く、吹雪になります。さらに、凍傷にもなってしまいます。ついに耐えきれなくなり、大学生の一人が下に飛び降ります。

しかし、着地に失敗して、両足を骨折してしまいます。さらに、地上には野生の狼がたくさんいて、怪我をした大学生に襲いかかります。

「最終的に生き残ったのは・・・」

次に、もう一人の大学生が上のケーブルをつたって支柱まで移動します。これは成功し、大学生は地上に降りることができます。しかし、その後また狼に襲われてしまいます。

そして、最終的に生き残ったのは、大学生の女性です。スキーの経験もなく、一番弱そうに見えたので、これは少し意外でした。

「脱出手段などに疑問も」

映画を見ていていくつか疑問がありました。まず、「最初からケーブルをつたって移動していればよかったのでは・・・」と思いました。下に飛び降りる必要があったのか少し疑問でした。ただし、正常な判断力が持てない状態だったのかもしれません。

また、「人がたくさん来るようなスキー場に、人を簡単に襲う狼がうじゃうじゃいるものなのか・・・?」と思いました。もしそのようなスキー場があったらかなり怖いと思うのですが・・・。

「全体的な感想」

シチュエーションがとてもわかりやすいので、気軽に見られてそこそこハラハラできる映画だと思いました。気分転換などで見るのに良いのかもしれません。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1