【リュック・ベッソン脚本】映画『96時間』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

誘拐された娘を救うために戦う父親の話です。

主人公は元CIA工作員の男性(リーアム・ニーソン)です。彼は離婚していますが、一人娘がいます。その娘が旅行先のフランスで誘拐されたため、娘を救うために誘拐組織と戦うというストーリーです。

スポンサーリンク

映画『96時間』のあらすじ

元グリーンベレーでCIA局員のブライアン・ミルズは、別れた元妻のレノアと裕福な継父のスチュアートと暮らす17歳の娘、キムと仲良くなろうとします。

ポップスター「シーラ」のコンサートの警備を監督していたブライアンは、ナイフを持った犯人から彼女を助けます。感謝の気持ちを込めて、シーラは歌手になりたいキムの手助けをすると提案しますが、ブライアンがその話をキムにする前に、キムは親友のアマンダとパリに行く許可をブライアンに求めます。

ブライアンは彼女の安全を心配して最初は断ったが、最終的には承諾します。空港でブライアンは、キムが嘘をついていたことを知ります。彼女たちは、実はU2のヨーロッパツアーに同行する予定だったのです。

シャルル・ド・ゴール空港に到着したキムとアマンダは、タクシーに同乗してきた見知らぬハンサムな青年、ピーターと出会います。キムとアマンダはアマンダのいとこのアパートに行くが、そこでキムはいとこたちがスペインにいることを知ります。

ブライアンからの電話に出たキムは、アパートに入ってきた男たちがアマンダを拉致するのを目撃します。キムはとっさに身を隠しますが、見つかって引きずり出されると、キムは誘拐犯の特徴を伝えます。ブライアンは電話口で、娘を解放すれば追わないが、それができなければ死ぬことになると犯人に警告します。

ブライアンの旧友で元同僚のサムは、誘拐犯がアルバニアの人身売買組織の一員であることを推理し、電話に出たのはマフィアのボス、マルコ・ホクシャであることを突き止めます。これまでの経緯から、96時間以内にキムを見つけ出さなければ、キムは永遠に見つからない可能性が高いです。

ブライアンはパリに飛んでアパートに侵入し、キムの携帯電話の写真に映っているピーターを見つけます。ブライアンは空港で女性旅行者に声をかけているピーターを見つけ、彼を捕えようとします。しかし、ピーターは逃げている最中に対向車のトラックに轢かれて死んでしまいます。

唯一の手がかりを失ったブラインは、昔の知り合いで、現在はデスクワークをしている元フランスの諜報員ジャン・クロードに相談します。ジャン・クロードは、アルバニア人の売春組織が活動している地元の歓楽街について教えてくれたが、組織に関わらないように警告します。

ブライアンは工事現場にある仮設の売春宿を捜索し、キムのデニムジャケットを持っていた薬漬けの若い女性を救出します。売春宿の経営者たちとの銃撃戦の後、ブライアンは女性をホテルに連れて行き、即席の解毒薬を作ります。

翌朝、女性はブライアンに自分とキムが監禁されていた家のことを話します。ブライアンはジャン・クロードを装い、警察の保護費を再交渉するという名目でその家に入ります。そこにいたマルコにキムが誘拐される際に電話で誘拐犯が話したフレーズを言わせ、誘拐犯がマルコであることが判明します。すぐに戦いが始まり、Marko以外の数人のギャングが死亡します。

薬漬けにされた数人の少女とアマンダの遺体を発見したブライアンは、マルコを電気で拷問します。マルコは、キムのような処女は闇市場で価値が高く、すぐに売られてしまうことを明かし、その買い手がパトリス・サンクレアであることを突き止めます。

ブライアンはマルコを感電死させ、その夜、ジャン・クロードのアパートを訪れます。ジャン・クロードの汚職を知ったブライアンは、サンクレアの居場所を吐かせるために彼の妻を傷つけ、気絶させます。

ブライアンはサンクレア邸の地下で行われている秘密の人身売買のオークションに潜入し、キムが最後の売り物になっていることを見つけます。ブライアンの正体を知ったサンクレアは子分たちに彼を殺すように命令するが、ブライアンは彼らを皆殺しにします。サンクレアは、キムがラマンという男に売られ、彼のヨットに連れて行かれたことを明らかにします。

ブライアンはヨットを追跡し、ボディーガードを排除した後、キムとラマンを見つけます。ラマンが交渉しようとしますが、ブライアンはヘッドショットで彼を殺します。アメリカに戻ったブライアンは、キムをシーラに会わせて驚かせます。

映画『96時間』のキャスト、監督

キャスト

  • ブライアン・ミルズ(CIAの元工作員) / リーアム・ニーソン
  • キム(ブライアンの娘) / マギー・グレイス
  • レノーア(ブライアンの元妻) / ファムケ・ヤンセン
  • サム(ブライアンの友人で元同僚) / リーランド・オーサー
  • ジャン・クロード(フランスの国土監視局の副局長) / オリヴィエ・ラブルダン
  • パトリス・サンクレア(フランスの人身売買組織の一員) /ジェラール・ワトキンス

監督、脚本

  • 監督:ピエール・モレル
  • 脚本:リュック・ベッソン

映画『96時間』の感想

リーアム・ニーソンはCIAを引退後、あまりぱっとしない生活をしています。離婚した妻は大金持ちと再婚していて、それもまた彼のぱっとしない感じを強めています。

しかしそんな彼が悪の組織と戦う姿は、普段の彼とは違い、とてもかっこいいです。このギャップがいいのかもしれません。

それに比べて、娘や妻はあまり魅力的に見えなかったので、少し残念です。

脚本は『レオン』などで有名なリュック・ベッソンです。

映画『96時間』は、「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

また、ドラマ版の『96時間 ザ・シリーズ』もプライム・ビデオで見放題の対象となっています。


96時間 (字幕版)

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。

作品数は200000本以上で、数あるVODの中でも一番です。新作からマニアックな作品まで、とにかくたくさんの作品が見たいという人におすすめです。

月額2,189円(税込)~で、まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

アクション映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました