映画『アルゴ』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

映画『アルゴ』は、イランで起きたアメリカ大使館人質事件を題材にした作品です。

CIAの秘密工作員は、映画『猿の惑星』からヒントを得て、架空のSF映画をでっち上げて大使館員をイランから脱出させようとします。

第85回アカデミー賞作品賞を受賞した作品です。なかなか面白かったのでおすすめです。

スポンサーリンク

映画『アルゴ』のあらすじ

1979年11月4日、イラン革命時にカーター大統領がイランの国王を米国に亡命させたことへの報復として、イランのイスラム教徒がテヘランの米国大使館を襲撃します。

大使館員66名が人質となりますが、6名は逮捕を免れ、カナダ大使ケン・テイラーの自宅に匿われます。脱出した彼らの状況を秘密にしたまま、アメリカ国務省は彼らをイランから脱出させる方法を考え始めます。

そこに米中央情報局(CIA)の脱出専門家であるトニー・メンデスがやって来ます。彼は映画『猿の惑星』にヒントを得て、大使館員を脱出させるための偽装工作を始めます。それは、カナダの映画監督が、SF映画のためにイランでエキゾチックな場所を探しているというストーリーです。

メンデスは、ハリウッドのメイクアップアーティストで、CIAに勤務していた経験を持つジョン・チェンバースに連絡を取ります。そして、チェンバースは、メンデスに映画プロデューサーのレスター・シーゲルを紹介します。

彼らは、偽の映画製作会社を設立して計画を公表し、『スター・ウォーズ』風の「サイエンス・ファンタジー・アドベンチャー」である『アルゴ』の撮影を計画しているという体裁を整え、信憑性を高めることに成功します。

一方、逃亡者たちは落ち着きを失っています。イランの革命家たちは、シュレッダーにかけられた写真を再確認し、行方不明の人員がいることに気づきます。

メンデスは「アルゴ」のプロデューサーを装い、ケビン・ハーキンスという名前でイランに入り、6人の脱走者と会います。メンデスは彼らにカナダのパスポートと偽の身分証明書を渡します。

彼らはメンデスの計画に不安を感じながらも、メンデスが自身の命も危険にさらしていることを知り、しぶしぶ協力します。

一方、メンデスは、軍の人質救出作戦との衝突を避けるために、作戦が中止されたことを知らされます。上司のジャック・オドネルは、急いで作戦の許可を取り直し、スイス航空の航空券を手配します。

脱出しようとする一行は、空港で緊張状態を強いられます。脱出者の航空券の予約は直前になって確定し、警備員長は偽のプロダクションに電話をかけ、ギリギリになって返事が返ってきます。一行はなんとか飛行機に乗り込み、飛行機は離陸しますが、空港にいた革命防衛隊が策略を知り、阻止しようとします。

テヘランに残っている人質を報復から守るために、この救出劇にアメリカが関与したことはすべて伏せられます。

大使のイラン人家政婦は、嘘をついて大使館員を守っていましたが、その後イラクに逃亡します。

メンデスはこの功績で勲章を授与されますが、ミッションの機密性のために、秘密裏にメダルを受け取り、その後、返却しなければなりませんでした。その後、1997年に機密が解除され、再び勲章を受け取りました。

映画『アルゴ』のキャスト、監督

キャスト

  • トニー・メンデス(CIAの工作員)  / ベン・アフレック
  • ジャック・オドネル(メンデスの上司) / ブライアン・クランストン
  • レスター・シーゲル(映画プロデューサー) / アラン・アーキン

監督

  • ベン・アフレック

映画『アルゴ』の感想

作戦自体はとんとん拍子に進むので、少し物足りないような気もしました。

特に失敗したり、危険な目にあったりはありません。ハラハラドキドキするような展開もあるにはあるのですが、物足りなく感じられました。

「モデルになった人物はトニー・メンデス氏」

<BBCの記事>

Tony Mendez, the real CIA spy in Argo
Ex-CIA agent Tony Mendez explains how he hatched a "hairy" plan to rescue six Americans hiding in Tehran, on which the film Argo was based.

この映画のモデルになったCIAの秘密工作員はトニー・メンデス(Tony Mendez)氏です。

この人物を映画ではベン・アフレックが演じています。実際の人物は中南米系の顔をしているので、映画とはイメージがだいぶ違うようです。

トニー・メンデス氏は1940年生まれです。現在は引退しています。

「大学でアートを専攻し、卒業後もアーティストとして活動」

また、興味深いことに、メンデス氏は大学ではアートを専攻し、卒業後もアーティストとして活動していたようです。企業でイラストや工具設計などの仕事していたようです。

また、メンデス氏がCIAで行った仕事もアートに関係したものが多かったようです。wikipediaによると、文書の偽造や偽物作りなどを行っていたようです。

このメンデス氏のクリエイティブな経歴から、偽の映画をでっち上げるというアイディアが生まれたのかもしれません。なかなか普通の人は思いつかないアイディアだと思います。

今なら『Amazonプライム・ビデオ』で見られます。

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数200000本以上。

まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

アクション映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました