キャストはぴったりだが尸良役の市原隼人さんがヤンキーに見える。映画『無限の住人』の感想

映画『無限の住人』は、 沙村広明の人気漫画を映画化したものです。

不老不死の肉体を持つ用心棒が主人公の時代劇作品です。

私はこの漫画がとても好きなので、見てみました。

映画『無限の住人』の感想

感想は一言で言うと、漫画の要素をあれこれ詰め込みすぎたかな・・・という印象です。

漫画では個別に進むストーリーが、映画ではすべて一緒になってしまっています。そのため、全体のストーリーがわかりにくく、キャラの個性も薄くなってしまったような気がします。

難しいですが、1部と2部にわけてもよかったのかなと思いました。

キャストはぴったりかも

キャストはだいたい漫画のキャラを再現できているような気がしました。特に、福士蒼汰の天津影久はぴったりだと思います。

ただし、尸良役の市原隼人が不良のヤンキーに見えてしまいました・・・。原作のキャラはもっと頭がおかしい感じなので、その点をもう少し再現できたら良かったと思います。

個人的に百琳(栗山千明)さんが好きなのですが、映画ではほとんど出番がなかったのでもっと活躍してほしかったです。


無限の住人 [DVD]

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1