少し地味かも。映画『デトロイト』のストーリーと感想

映画『デトロイト』は、1967年にデトロイトで起きた人種差別が原因の暴動をテーマにした作品です。

この暴動を鎮圧するため、ミシガン州は陸軍州兵を投入し、43人が死亡しました。

特に、映画では暴動の中で起きたアルジェ・モーテル事件を題材にしています。

警察が民間人を虐待・殺害した事件です。

監督は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などで知られる キャスリン・ビグローです。

映画『デトロイト』のストーリー

1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。

デトロイト

暴動で疑心暗鬼になった白人警官たちは、何もしていない宿泊客をモーテルに集めて尋問します。

そして、宿泊客に自白を強要し、殺害してしまいます。さらに、殺害を隠ぺいするために、「襲われたから発砲した」と嘘をつきます。

警官たちの行動が徐々にエスカレートしていく様子が怖いです。そして、このようなことはきっとどこでも起きうるだろうと想像できます。

感想は少し地味かな・・・

全体的な感想としては少し地味かなと思いました。モーテルで警官たちが乱暴をする様子は非常に恐ろしいですが。

映画『デトロイト』は、今ならAmazonプライム・ビデオで見られます。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1