映画『ザ・レイド』の感想

映画『ザ・レイド』を見ました。

ストーリーは、インドネシアの麻薬王が支配する高層ビルを、警察のSWATチームが襲撃するという話です。SWATチームはビルを1階ごとに制圧していくのですが、麻薬王はそれをすべて監視カメラで見ており、SWATチームは結局返り討ちに会います。なんとか生き残ったSWATの数人は、ビルから脱出を試みます。

とにかくアクションシーンのクオリティが高いと思いました。SWATチームは銃も持っているのですが、基本は殴り合いがメインです。身近にあるいろんなものを武器にして戦います。主人公のトンファを使った格闘シーンも見ものだと思いました。

ストーリーも単純でわかりやすいのが良いと思います。人気があったのか、続編も作られているようです。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1
コメントの入力は終了しました。