ブラック企業の様子がリアル・・・。映画『ちょっと今から仕事やめてくる』あらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は、ブラック企業で働く男性が主人公です。

彼は仕事の辛さから電車に飛び込もうとしますが、同級生と名乗る人物に助けられます。

しかし、この人は実は同級生ではなく、しかもすでに死んでいたことがわかります。はたして自殺から助けてくれた人物は誰なのでしょうか・・・という話です。

ブラック企業でのパワハラ上司や、それで精神を病む様子がリアルです。一方、正体不明の人物が関わるミステリーの要素もあり、見ていて最後まで飽きません

最近の邦画の中ではおすすめの作品です。

スポンサーリンク

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』あらすじ

青山隆(工藤阿須加)は就職に失敗し、なんとか印刷関連の会社から内定をもらいます。しかし、その会社はブラック企業で、毎日上司からパワハラを受けてこき使われます。

心身共に衰弱した隆は無意識に線路に飛び込もうとしますが、寸前で「ヤマモト(福士蒼汰)」と名乗る男に助けられます。

小学校の同級生だと自称するヤマモトの明るい性格に隆は心を開き始め、仕事も前向きに取り組み始めます。

しかし、本物の同級生は海外にいることが発覚し、ヤマモトは嘘をついていたことがわかります。

隆はヤマモトを問い詰め、本名を明らかにさせます。

その後、気になった隆は彼の名前をネットで検索したところ、三年前に激務で自殺した男の名前が出てきます。

さらに、隆は霊園に向かうバスに乗っているヤマモトを偶然見かけ、彼は幽霊なのではないかと疑います・・・。

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』キャスト

  • ヤマモト(隆を助ける青年) / 福士蒼汰
  • 青山隆(ブラック企業で働く青年) / 工藤阿須加
  • 五十嵐美紀(会社の先輩) /黒木華
  • 大場玲子(孤児院の院長の娘)/ 小池栄子
  • 山上守(ブラック企業のパワハラ上司) / 吉田鋼太郎
  • 青山容子(隆の母)/ 森口瑤子
  • 青山晴彦(隆の父)/ 池田成志

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』監督

監督は成島出さんです。『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『孤高のメス』『八日目の蝉』
『ふしぎな岬の物語』などを監督しています。

比較的ベテランの監督だと思います。

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』感想

ブラック企業の様子がリアルだと思います。上司のパワハラや、それで精神を病んでいく様子が生生しいです。仕事を横取りする黒木華さん演じる先輩の女性も良かったです。

主人公の部屋が汚部屋になっているのも、掃除する余裕がないことの表れなのだと思います。親から送ってもらった野菜も腐らせてしまいます。

一方で、ヤマモトの正体が最後までわからないのも、まるでミステリー映画を見ているようで面白いです。

幽霊が出ている?

少し気になったのが、喫茶店で話をしている時に、後ろに不気味な女性がいたことです。おそらく演出だと思いますが、特に説明もなく終わるので、最後までもやもやしました。

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が見れるVOD

現在は、「Amazonプライム・ビデオ」や「U-NEXT」で見放題の対象になっているので、会員になれば無料で見られます。

まとめ

現代で話題になっているブラック企業の実態をリアルに描いている一方、ミステリーの要素も入っていて最後まで飽きずに見られます。

最近の邦画の中ではかなりおすすめの作品です。

タイトルとURLをコピーしました