ダコタ・ファニングがかわいすぎ。『アイ・アム・サム』あらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

映画『アイ・アム・サム』は、知的障害の男性サムが自分の娘ルーシーを育てる話です。

特に、ルーシー役のダコタ・ファニングがとてもかわいいです。

スポンサーリンク

映画『アイ・アム・サム』あらすじ

スターバックスで働いているサム(ショーン・ペン)は知的障害で、7歳児と同等の知能しかありません。

ある時、サムに娘が産まれ、ルーシー・ダイアモンドと名付けます。しかし、母はルーシーを産んだ直後にサムとルーシーを残して姿を消します。

それでも、サムとルーシーは幸せな生活を送ります。しかし、 ルーシーは徐々に父親サムの知能を越えて成長し、娘と同じかそれ以下の知能しかないサムは、周りからルーシーを育てる能力が無いのではと指摘されます。

その結果、サムとルーシーは引き離され、ルーシーは施設で保護されることになります。悲しんだサムはルーシーとまた一緒に暮らす為、裁判をすることを決め、エリート弁護士のリタ(ミシェル・ファイファー)に依頼します。

リタは社会奉仕のために無償で弁護を引き受けますが、どう考えてもサムには不利な裁判です。彼の障害者の友人たちは裁判で普通の証言ができず、外出恐怖症の隣人もその壁を乗り越え証言台に立つが、相手の検察官にやり込められてしまいます。

サムには条件付きの親権しか認められず、ルーシーは里親と一緒に暮らすことになります。里親はルーシーを大切に育てますが、ルーシーの為に生活のすべてを捧げるサムに対して、ルーシーを一番愛しているのはサムであると確信し彼にそう告げます。

映画『アイ・アム・サム』キャスト

  • サム・ドーソン(知的障害を持つ男性) / ショーン・ペン
  • リタ・ハリソン・ウィリアムズ(サムの裁判を担当するエリート弁護士) / ミシェル・ファイファー
  • ルーシー・ダイアモンド・ドーソン(サムの娘)/ ダコタ・ファニング

映画『アイ・アム・サム』スタッフ

  • 監督 / ジェシー・ネルソン
  • 脚本 / クリスティン・ジョンソン 、ジェシー・ネルソン

映画『アイ・アム・サム』は実話?

脚本を執筆したジェシー・ネルソンとクリスティン・ジョンソンは、障害者施設「L.A. GOAL」を訪れ、知的障害を持つ大人の問題を取材したそうです。

そのため、完全な実話ではないですが、障害者の取材を基にして作られた作品であると考えられます。

また、実際に障害のある2人の俳優も起用しています。

映画『アイ・アム・サム』の感想

ルーシー役のダコタ・ファニングがとてもかわいいです。特に、サムがルーシーに会いに来るのが遅くなったときに、「大嫌い」とすねるシーンが最高でした。

ほかに、ショーン・ペンも、知的障害の男性という難しい役を上手に演じていると思いました。

また、女性弁護士リタが「悩んでいるのはあなただけじゃないのよ」とサムに自分の悩みを打ち明けるシーンも感動しました。

彼女はサムを助けると同時に、自分も助けられてもいることがわかります。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

参考記事:I Am Sam

タイトルとURLをコピーしました