低スペックのパソコンに「Ubuntu」を入れたら快適になった

6年前くらいに購入した低スペックの古いパソコンに「Ubuntu」を入れたら快適に動くようになりました。Ubuntuは無料で使えるOSです。

パソコンはメモリが1GBしかない低スペックのパソコンです。ASUSの「Eee PC」というシリーズのパソコンです。

もともとOSには「windows7」が入っていたのですが、動作がとても重かったです。満足にネットを見ることもできませんでした。windowsが重かったのだと思います。

もう処分しようかとも思ったのですが、試しにwindowsを消去してUbuntuを入れてみました。

すると動作が早くなり、問題なく使えるようになりました。

Ubuntuは以下からダウンロードできます。

Ubuntu+LXDE環境でサクサク快適に

特に、デスクトップ環境に「LXDE」を選ぶとさらに軽くなります。軽量なデスクトップ環境として有名なようです。

「LXDE」は以下からダウンロードできます。

ダウンロード LXDE 0.5.0. LXDE Projectによる.

これでネットもサクサク使うことができるようになりました。

LibreOfficeなどのフリーのソフトを利用することもできます。

低スペックのパソコンを使用する場合は、思い切ってUbuntuなどのOSを利用してみると良いかもしれません。

一見難しそうに見えますが、ネットで調べて行えばあまり詳しくなくてもできるようです。私もそれほど詳しくはないですが、調べながらやったらできました。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1