野田洋次朗の脱力感が良い。映画『トイレのピエタ』のあらすじ、キャスト、感想

映画『トイレのピエタ』を見ました。

あんまり期待していなかったのですが、結構面白かったです。

スポンサーリンク

映画『トイレのピエタ』のあらすじ

園田宏(野田洋二朗)は、美大を卒業後画家を目指していましたが、あきらめて現在は窓拭きのアルバイトをするフリーターです。しかし、あるとき宏に胃がんが見つかり、余命3カ月であることがわかります。

そんな宏ですが、ひょんなことに女子高生の真衣(杉崎花)と知り合います。真衣は毎日の生活に生きづらさを抱えていて、偶然野田洋二郎と出会い仲良くなります。この2人の交流を中心にして映画は進んでいきます。

「野田洋次郎の脱力感が良い」

主演の野田洋次郎の脱力感が良かったです。もともとは有名なロックバンドRADWIMPSのボーカルですが、彼の雰囲気が挫折した元画家という役にぴったりです。

また、感動系の話につきものの鼻につく感じが、この雰囲気でうまく中和されているように思えました。

「よくある難病系の話だけど見ていられるかも?」

「突然難病がみつかって余命○○年~」というストーリーの映画はたくさんあって、正直苦手な人も多いのではないかと思います。私もそうでした。

しかし、この映画は野田洋次朗の雰囲気もあってか、さらっとした感じにおさまっています。感動の押しつけのようなところがあまりないです。

難病系の映画が苦手な人も楽しめるかもしれないと思いました。

「原作は手塚治虫」

この映画のヒントとなったのは、あの漫画家の手塚治虫です。

手塚治虫が亡くなる前の日記の最後のページに書いていた作品の構想が、この映画の原案となっているようです。

今なら「アマゾンプライムビデオ」で見られます。


トイレのピエタ 豪華版 [Blu-ray]

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。

作品数は200000本以上で、数あるVODの中でも一番です。新作からマニアックな作品まで、とにかくたくさんの作品が見たいという人におすすめです。

月額2,189円(税込)~で、まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

ドラマ映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました