アマゾンプライムビデオで映画『世界にひとつのプレイブック』を見た感想

世界にひとつのプレイブック (字幕版)

過去の悲惨な出来事で「心が壊れた」2人が、ダンスを通じて心を回復していくという話です。

主人公の男性は、妻の浮気現場を目撃し、心を病んでしまいます。しばらく病院に入院しますが、退院してからも妻のことを忘れられず、時々浮気現場の様子がフラッシュバックしておかしくなります。夜中に突然騒ぎ出したり、窓から外に物を投げたりします。

他方で、ジェニファー・ローレンス演じる女性も、夫を事故で失ってからおかしくなり、会社をクビになってしまいます。その後は実家の離れでひっそりと暮らしています。情緒不安定で、食事会の途中に突然帰ったりします。

この少しクレイジーな2人が偶然出会い、交流して関係を深めていきます。ジェニファー・ローレンスはダンスが得意で、男性を誘い2人でダンスを始めます。男性はダンスをすることで心の病が次第に回復していきます。

5点で満足

映画で興味深かったシーンは、ダンスコンテストの結果のシーンです。満点は10点なのですが、2人の結果は5点でした。他の参加者は残念だったねと慰めるのですが、2人は5点で満足して大喜びます。

これは他人と比べた評価ではなく、自分の目標を設定することが大切だということを意味しているのではと思いました。

原題は「希望のフォーメーション?」

この映画の原題は『Silver Linings Playbook』です。「Silver Linings」は「希望の光」で、「Playbook」は「アメフトのフォーメーション」を意味するようです。つまり、「希望のフォーメーション、作戦」です。

壊れた心が回復するには、作戦と周りの協力が不可欠ということなのでしょうか。

主人公たちの周りの人たちがみんな優しいのも印象的でした。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1