映画『ビリギャル』のあらすじ、キャスト、感想

映画『ビリギャル』は、落ちこぼれのギャル女子高生が、1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話です。有村架純が主人公のギャルの高校生を演じています。

実話を基にした本(『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』)が原作です。

映画『ビリギャル』のあらすじ、感想などを紹介します。

スポンサーリンク

映画『ビリギャル』のあらすじ

 

映画『ビリギャル』のイラスト

工藤さやか(有村架純)は、幼いころから学校に馴染めず転向を繰り返していました。そんなさやかを心配した母親は、私立の中高一貫に入ることを勧めます。この学校に入れば、エスカレーター式に高校や大学にあがれるからです。

それを聞いたさやかはすぐに入学を決め、無事に合格します。しかし、さやかはその後同じクラスのギャル集団と仲良くなったことで、スカートの丈は短く、化粧は濃くなり、勉強もせずに遊び回ります。

そのため高校では1番出来の悪いクラスに入れられ、授業中も雑誌を読んだり化粧をして勉強をさぼります。担任からクズと呼ばれてしまいます。

その後、さやかはタバコのケースがみつかり自宅謹慎になります。そんな時、母からある塾の広告を見せら、塾に通う事になります。

ろくに勉強をしてこなかったさやかでしたが、真剣に向き合ってくれる塾の先生・坪田(伊藤淳史)や塾の同級生で弁護士を目指すゲーマーの玲司(野村周平)と一緒に勉強する事で、やる気が出ます。

クラスの担任に慶應を受けると話すと馬鹿にされ、さやかは受かったら校庭を裸で逆立ちして歩くと約束させられます。後に引けないさやかは、慶応合格に向けて猛勉強を開始します。

映画『ビリギャル』のキャスト

  • 工藤さやか(落ちこぼれのギャル女子高生)/ 有村架純(幼少期は山田望叶、根本真陽)
  • 坪田義孝(塾の講師)/ 伊藤淳史
  • 森玲司(さやかが通う塾の同級生)/ 野村周平
  • 西村隆(さやかの担任(高校))/ 安田顕
  • 工藤龍太(さやかの弟)/ 大内田悠平
  • 工藤まゆみ(さやかの妹)/ 奥田こころ(幼少期は川上凛子)
  • 工藤徹(さやかの父)/ 田中哲司
  • 工藤あかり(さやかの母)/ 吉田羊
  • 峰岸誠(塾長)/ あがた森魚
  • 本田美果(さやかの同級生)/ 松井愛莉(幼少期は西川茉佑)
  • 香川真紀(さやかの同級生)/ 蔵下穂波
  • 岡崎結衣(さやかの同級生)/ 阿部菜渚美

映画『ビリギャル』の監督

監督は土井裕泰さんです。監督した作品は、映画では『いま、会いにゆきます』や『涙そうそう』、ドラマでは『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』などがあります。

映画『ビリギャル』の感想

落ちこぼれだったビリギャルが周囲の人たちに助けられ、一生懸命頑張ります。その姿を見ると「どんな人でも、頑張れば成功できる」という気持ちになるかもしれません。

しかし、気になったのはビリギャルの家が金持ちなところです。私立の学校や塾に行くことができ、勉強に集中できる環境があります。この点で、ビリギャルは環境に恵まれていると言えるでしょう。そのため、ビリギャルの努力だけに注目し、どんな人でも努力をすれば報われるという物語として受け止めるのは少し疑問を感じます。

たとえば「田舎の貧しい母子家庭出身のビリギャルが、放課後にコンビニでアルバイトしながら勉強して難関大学に合格する」だと納得できるような気もします。

また、大学に進学した後も当然人生は続きます。そのため、難関大学に合格することがそんなにすごいことなのだろうか・・・というひねくれた見方をしてしまいました。

ただし、男の子ではなく女の子が有名大学を目指して勉強をするというのが少し珍しくて面白いのかなとも思いました。

映画『ビリギャル』は今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。


映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション

タイトルとURLをコピーしました