純粋贈与の感動作、羽生結弦も出演の映画『殿、利息でござる!』感想

映画『殿、利息でござる!』を見ました。普通にいい話で、感動しました。

貧しい町の人たちが命がけでお金を集め、殿様にお金を貸してその利息で町を助けようとした話です。宮城県黒川郡大和町吉岡という町の実話を元にしているようです。

「殿様にお金を貸して利息を得る」というのが信じられませんが、当時の人も夢物語や非現実的に思えたようです。

しかし、瑛太演じる主人公は周りの人たちを説得して出資者を集め、夢物語を現実化させていきます。

中にはお店を潰したり、10年分の給料を前借りしてまでお金を出す人も現れます・・・。

感動するのはこの「無私」の精神でしょうか・・。自己を犠牲にしてでも町を助けようとする自己犠牲の精神に感動するのかもしれません。

しかも、お金を出す人と出さない人で立場が不平等にならないよう、お金を出した人たちはそのことを徹底的に隠します

私はここに純粋贈与の形を見ました。

「純粋贈与に理屈を超えた感動を覚える?」

この町の人たちの行為は「純粋な贈与」として考えられるのかもしれません。

贈与というのは見返りを求めない行為です。そのためには贈与であることを相手に隠さなければいけません。この町の人たちも同じことをやっているように思えました。

人はこの純粋贈与に理屈を超えた感動を覚えるのかもしれません・・・。宮沢賢治の作品でもよくこの純粋贈与が指摘されることが多いです。

「けちな松田龍平」

殿様の会計係の松田龍平もいい味を出しています。とにかくお金が大切で、人情味は一切ありません。町の人たちから少しでもお金を絞り取ろうとします。

松田龍平はこういう役がぴったりだと思います。アイススケートの羽生結弦さんも殿様役として出演しています。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1