アマゾンプライムビデオで、映画『祈りの幕が下りる時』を見る。究極の自己犠牲がテーマ?

東野圭吾の小説が原作の映画です。アマゾンでの評価が非常に高かったので、今回プライムビデオで見てみました。

アパートで見つかった中年女性の腐乱死体がきっかけで、様々な謎が浮かび上がってくるというストーリーです。

背景には「貧困」があり、松本清張の「砂の器」と似ているという話もあります。

この映画のポイントは、「自己犠牲」だと思います。以下ネタバレありの感想です。

映画『祈りの幕が下りる時』の見どころ‐究極の自己犠牲?

事件の鍵を握る人物は「浅居博美(松嶋菜々子)」です。博美は舞台の世界で成功を収めた演出家です。

しかし、博美は過去に大きな秘密を抱えています。この博美の過去が物語の鍵です。

博美の家族は借金を抱えていて、父親(小日向文世)と2人で夜逃げします。そして、博美は夜逃げした先で人を殺してしまうのです。男に襲われ、抵抗したときに箸で男の首を刺してしまいます。

父親は博美を守るため、男の死体を「自分の死体」と偽装します。さらに、死んだ男になりすますのです。

その後、父親は博美の過去が発覚するのを恐れ、過去を探ろうとする人物を殺します。そして、最後には自殺をするのです。

父親は、まさに文字通り「自分の命を犠牲にして」娘を守ったといえるでしょう。究極の自己犠牲といえるかもしれません。

東野圭吾原作の映画『容疑者xの献身』も、同じように愛する人のために自己を犠牲にする話でした。今回の作品も似たようなテーマであるように思えました。そのため、『容疑者xの献身』が好きな人はより楽しめるのかもしれません。

映画『祈りの幕が下りる時』キャスト

  • 浅居博美(舞台演出家、脚本家、女優) – 松嶋菜々子
  • 浅居忠雄 (博美の父親)- 小日向文世
  • 加賀恭一郎(日本橋署刑事) – 阿部寛
  • 松宮脩平(捜査一課刑事) – 溝端淳平

今なら「プライムビデオ」で見られます。

★★★★

 

 

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1