日本人でも共感できる?反抗的な女子高生が主人公の青春映画、『レディ・バード』感想


Amazonプライムビデオで、『レディ・バード』を見ました。親や学校に反抗的な女子高生(レディ・バード)が主人公の青春映画です。

親はやりたいことにいつも反対するし、学校は規則が厳しくて自由がない。地元はぱっとしない田舎で欲求不満がたまる・・・。誰もが一度は経験したことのあるようなことなので、共感できる人は多いのではないでしょうか。

主人公はシアーシャ・ローナンです。ピーター・ジャクソン監督作品『ラブリーボーン』の主役で有名です。青い目が特徴の白人美女という感じの女優さんです。

ちなみに、レディ・バードは「てんとう虫」という意味です。レディ・バードは自分がつけたニックネームのようなもので、別に本名があります。

スポンサーリンク

母親と娘の葛藤がテーマ

映画のテーマの一つは、母親と娘の葛藤です。

レディ・バードの母親は厳しく、娘を厳しく押さえつけます。そのため、レディ・バードは常に母親に反抗的で、けんかして運転中の車から飛び降りたりします。

自分を理解してくれない(と思う)親との関係もみどころです。

学校でも反抗をくりかえす

レディ・バードはカトリックの学校に通っていて、規律が厳しいです。レディ・バードはそんな学校に不満がいっぱいで、ことあるごとに反抗します。

一番特徴的なエピソードは、妊娠中絶を戒める(カトリックは中絶禁止)講演をした女性に嫌味を言う場面です。

中絶がいけないことであると話す女性に対して、レディ・バードは「あなたの母親が(あなたを)中絶していれば、今こんなくだらない話を聞かなくて済むのに」と言います。

これでレディ・バードは停学になってしまいます。

ただし、レディ・バードは反抗的ではありますが、大きく道は外れません。たとえば、犯罪に手を染めるというようなことはありません。

キャスト、監督

キャスト

  • クリスティン・”レディ・バード”・マクファーソン / シアーシャ・ローナン
  • マリオン・マクファーソン(クリスティンの母) /  ローリー・メトカーフ
  • ラリー・マクファーソン(クリスティンの父) / トレイシー・レッツ
  • ダニー・オニール(同級生) / ルーカス・ヘッジズ

監督

監督は女優、映画監督、脚本家のグレタ・ガーウィグです。

ほかの脚本・監督した作品に『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』などがあります。

まとめの感想

アメリカの白人の女子高生が主人公なので、一見すると自分とは遠い世界の出来事のように見えます。しかし、日本人でも多くが経験するような青春のエピソードが満載で、共感しながら楽しめる作品だと思います。

加えて、アメリカの普通の高校生の生活がよくわかるので、それも新鮮で面白いです。

今なら「Amazonプライムビデオ」で見られます。

★★★

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。

作品数は200000本以上で、数あるVODの中でも一番です。新作からマニアックな作品まで、とにかくたくさんの作品が見たいという人におすすめです。

月額2,189円(税込)~で、まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

ドラマ映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました