負のアイデンティティを背負った男性の映画、『蛇のひと』感想

『蛇のひと』という映画を見ました。

アマゾンプライムビデオで偶然見つけて見てみたら面白かったです。

簡単に言うと、自分は「周りの人間を不幸にしてしまう」という負のアイデンティティを獲得してしまった男性の話です。

主演は永作博美と西島秀俊です。

第2回WOWOWシナリオ大賞の受賞作品を映像化した作品で、ギャラクシー賞テレビ部門2010年3月度月間賞を受賞しているそうです。アマゾンのレビューでの評価も高く、様々なところで評価されている映画のようです。

以下で『蛇のひと』の「キャスト」と「ストーリー」「見どころ」などを紹介します。ネタバレありです。

『蛇のひと』のキャスト

  • 三辺陽子(商社営業事務の独身OL): 永作博美
  • 今西由起夫(商社課長で失踪する男性): 西島秀俊
  • 今西の幼なじみ:板尾創路
  • 島田剛(会社を辞めて漫画家を目指す男性。今西の隣人):劇団ひとり

『蛇のひと』のストーリー

永作博美と西島英俊は会社の部下と上司という関係です。

西島英俊は有能で部下の面倒見も良いことから、多くの人に慕われる人物です。永作博美とも仲が良いです。

しかし、あるとき会社の部長が亡くなり、同時に西島英俊が失踪します。そしてそのすぐ後、会社のお金が横領されたことがわかります。

会社の人たちは、西島英俊が会社のお金(一億円)を横領して失踪したのではないかと疑います。永作博美は会社から西島英俊を探すように命令を受けます。

その後、横領をしたのは会社の部長で、西島英俊は関係ないことがわかります。

しかし、永作博美は西島英俊を探す過程である事実に気がつきます。それは、過去に西島英俊が関係した人の多くが不幸になっているということです。

たとえば、西島英俊は子どものころに殺人事件の引き金となる行動をしていたことがわかります。他にも、部長の死にも関係していたことがわかります。

「西島英俊は負のアイデンティティを背負っている?」

こう見ると、西島英俊は「サイコパス」のようにも見えます。

しかし映画では、それが「わざと」なのかそれとも「結果的にそうなってしまったのか」ははっきりと示されません。ただ「事実」としてそうなっているということしかわかりません。それがこの映画の面白い点だとも思います。

しかし、映画を最後まで見て思ったことは、おそらく西島英俊は自分の生い立ち(愛人の子ども)や過去の事件がきっかけで、自分は周りの人を不幸にするという負のアイデンティティを獲得しそれが固定してしまったのではないかということです。

そして、この負のアイデンティティに基づく行動が結果的にさらに悪い結果を生んでしまうという、悪循環に陥ってしまったのだと思います。

「永作博美の友情」

しかし、そんな西島英俊を助けるのが永作博美の友情です。

永作博美は西島英俊を疑いつつも関係を切ろうとはしません。むしろ西島英俊に対して「(変なことしないよう)私がずっと見張っているから」と言い、関係を強めようとさえします。

西島英俊は(おそらく周りの人間をこれ以上不幸にしないよう)自殺しようとしますが、その永作博美の気持ちを知り自殺を止めるのです。

そして映画では最後、西島英俊が関係した人の中で幸福になる人が現れます。西島英俊のアドバイスで大企業を退職し、長年漫画家を目指していた人がついに賞を取ったのです。

それで西島英俊が負のアイデンティティから解放されるきざしが見られたところで、映画は終わります。

「西島英俊の厭世感」

西島英俊さんは「厭世観」を表現するのがうまい役者さんだと思います。

人生に対する「やれやれ・・」的な、生まれてしまったのでしょうがなく生きている的な態度でしょうか。この映画でもそんな厭世観を持ったキャラクターをうまく演じていると思いました。

西島英俊さんは古くは『ニンゲン合格』という黒沢清監督の映画でも似たようなキャラクターを演じています。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」でも見られます。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1