克服することはできないけど、それでもなんとかやっていく・・・映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』イラスト

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、過去の悲惨な出来事がきっかけで心を閉ざしたリー(ケイシー・アフレック)が主人公です。

ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

マンチェスター・バイ・ザ・シー

リーは便利屋の仕事をしていますが、いつも暗い顔をして愛想が悪く、客からの評判はよくありません。地下室のような薄暗い部屋で孤独に暮らし、時々酒場に行ってけんかをしたりもします。

孤独を「家具」で表現

リーの部屋には家具がありません。厳密に言うと全く無いというわけではないのですが、それらはすべて自分のためのものです。たとえば、他の人も座れるソファなどはありません。この部屋には他の人が来ないことがよくわかります。この家具が一切ない部屋を通して、リーの孤独が表現されています。

そして、映画では最後、リーが家具を買おうとします。リーに何らかの変化が生まれたことがわかります。

克服できない過去

リーの性格は生まれつきのものではありません。以前は陽気な性格でしたが、ある過去の悲惨な出来事がきっかけでこのようになってしまったのです。

この出来事はリーの心の大きな傷となっています。そして、リーが「I can’t beat it..(乗り越えることができない)」とつぶやくように、おそらく、リーは最後までこの出来事を克服することはできなかったように思います。

ただし、最後で少しですが何となく明るい変化があったようにも思えました。

傷を負った人がそれを克服する物語というよりも、最後まで克服はできないけど、それでもなんとかやっていく、というほうが近いように思えました。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1