宮沢りえが末期がんの母親役・・・映画『湯を沸かすほどの熱い愛』感想

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』を見ました。

ストーリーは以下です。

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

湯を沸かすほどの熱い愛

簡単に言うと、末期がんの母親が残された時間でやり残したことをするという話です。

正直似たようなストーリーの映画はたくさんあると思うのですが、主役である宮沢りえさんの存在感や舞台が「銭湯」というのがこの作品をユニークなものにしていると思います。

だんだんと痩せ細っていく宮沢りえ・・・

特に、母親役の宮沢りえさんの演技がすごいです。

自分の身を犠牲にして家族のために尽くす母親役を見事に演じています。特に、だんだんと体が弱っていく様子は見ていて辛くなります。実際、宮沢りえさんの見た目はかなり痩せ細っていたので減量をしていたのかもしれません。

とにかく、宮沢りえさんの演技が見どころの一つだと思いました。

(ユニバーサルに)見返りを求めない宮沢りえ

この映画の宮沢りえさんは「見返りを全く求めません」。たとえば、子供に自分を愛するよう求めることは一切ありません。ただ純粋に相手のためになると思うことをするのです。

しかも興味深い点は、その見返りの求めなさが家族以外の見知らぬ他人にも及ぶところです(ヒッチハイクの松坂桃李の例など)。それはおそらく家族や国境をも越えた、いわば「ユニバーサル(普遍的)」の域に達しています。宗教的な神様のような雰囲気さえ感じられます。

その点がこの映画の感動するポイントだと思います。

ほかに、旦那役のオダギリジョーもいいです。勝手に家を出ていくような身勝手な男性ですが、どうも憎めないキャラクターです。

子供役の杉咲花と伊東蒼もかわいいです。

★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1