生のにんにくを食べると体の調子が良い(気がする)

最近生のにんにくをスライスして、おかずやスープなどにかけて食べている。

気のせいかもしれないが、にんにくを食べた後は体の調子が良くなるような気がしている。これはちょうど納豆を食べた後の感覚と似ている。それでなかなか止められなくなっている。

にんにくは殺菌作用や疲労回復、精力増強などの効果があると言われていて、それによるものなのかもしれない。ただし生のにんにくは胃を痛めることもあるので、食べ過ぎには注意とのこと。調べると、食べる量は一日一片くらいがちょうど良いらしい。確かに生のにんにくを食べるとお腹が刺激されるような気がしするし、下痢になることもあるので、効果が強すぎるのだろう。

またにんにくはガン予防にもなるらしい。アメリカの研究機関によるとにんにくは「ガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物」とのこと。

さらに喘息にも良いらしい。私は昔喘息になったことがあるので、喘息持ちの人にも良い食べ物のようだ。こう見ていくと、にんにくは健康に非常に良い食べ物と思える。

にんにくはあまり高くもないし、食べ方もいろいろあるので、楽しみながら健康にも気を使える良い食材だと思う。

参考サイト:にんにく大辞典

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1