Amazon プライムで見られる映画『きみはいい子』あらすじ、ネタバレ、キャスト、ロケ地、感想

映画『きみはいい子』は、子どもの虐待をテーマにした日本映画です。中脇初枝による小説が原作です。

第37回モスクワ国際映画祭のNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞した作品です。

テーマが重く、虐待のシーンがあるので見る人を選ぶかもしれませんが、なかなか面白かったです。

そこで、あらすじ、ネタバレ、キャスト、ロケ地を紹介します。

スポンサーリンク

映画『きみはいい子』のあらすじ

新米教師の岡野匡(高良健吾)は、真面目でひたむきな性格です。しかし優柔不断で、クラスの問題に正面から向き合えません。そのため、子供たちから信用されず、クラスは学級崩壊しています。

水木雅美(尾野真千子)は夫の単身赴任で3歳の娘と2人で生活しています。彼女は幼い頃に受けた暴力がトラウマになり、娘に暴力を振るってしまいます。

一人暮らしの佐々木あきこあきこ(喜多道枝)はスーパーで支払いを忘れ、認知症を心配するようになります。

この同じ町で暮らす3人の人生を通して、現代社会の問題点や、人が人を愛することの大切さを描き出します。

映画『きみはいい子』のキャスト

  • 岡野匡(新米教師)/ 高良健吾
  • 水木雅美(子供を虐待してしまう母親) / 尾野真千子
  • 佐々木あきこ(認知症の心配をする1人暮らしの老女) / 喜多道枝
  • 大宮陽子(雅美のママ友) / 池脇千鶴
  • 大宮拓也(先輩教師) / 高橋和也
  • 丸山美咲 / 黒川芽以

映画『きみはいい子』の監督

監督は呉美保さんです。『そこのみにて光輝く』などが有名です。

映画『きみはいい子』のロケ地

映画『きみはいい子』のロケ地は北海道の小樽です。

映画に出てくる観覧車はウィングベイ小樽の観覧車(現在は運休中)で、公園は小樽の築港臨海公園です。

映画『きみはいい子』の感想

尾野真千子が自分の子どもを虐待するシーンはとても迫力があり、見ていて辛かったです。尾野真千子自身も過去に親から虐待を受けているので、いわゆる虐待の連鎖というものでしょうか。

ほかにも、独居老人や学校崩壊、モンスターペアレント、ママ友の関係など、現代の社会問題が生々しく描かれているのが印象的でした。

Amazonプライム・ビデオ」の見放題の対象ですので、プライム会員だと無料で見られます。


きみはいい子

タイトルとURLをコピーしました