映画「スティング」の感想

映画「スティング」を見ました。詐欺師の物語で、とても有名です。

本筋とはあまり関係ないですが、主人公が、よく行っている安レストランのウエイトレスを誘うシーンがとても印象的でした。このウエイトレスは、いつもうんざりした顔で仕事をしています。お世辞にも美人とも言えません。
あるとき、深夜2時、仕事終わりに彼女にこれからどうするかを聞きました。彼女はそっけなく答えます。

「終わったら?寝るわ。」

sting

そして終盤、主人公はとうとう、彼女の家を訪れて、彼女を誘います。

「俺も君と同じだ。夜中の2時に、一緒にいる相手がいない人間だ。」

I’m just like you.its 2:00 in the morning, and I don’t know nobody.

なんとも寂しさが伝わってくるようなシーンでした。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1