【ゴア映画の傑作】映画『片腕マシンガール』の配信、あらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

映画『片腕マシンガール』は、カルト的な人気のある日本のB級映画です。

低予算の作品で、役者も無名の人ばかりですが、とても面白かったです。

スポンサーリンク

映画『片腕マシンガール』のあらすじ

平凡な女子高生・日向アミは、木村翔率いるいじめっ子たちに弟の日向ユウが殺されます。

アミは翔を追ううちに、彼らが忍者の子孫でヤクザの一族であることを知ります。アミは一族に復讐しようとしますが、アミは彼らに捕らえられ、左腕を切り落とされます。

逃げたアミは、ユウと同様に殺されたタケシの両親のもとに身を寄せる。タケシの父・スグルは親切な整備士で、アミに機関銃のついた義手を作ってくれます。

襲ってきた忍者たちによって、スグルは殺されますが、母のミキとアミはマシンガンをかかえて再び復讐を誓います。

2人はやがてヤクザのアジトにたどり着きますが、戦いの中でミキは右足を失い、死んでしまいます。アミは、翔の父との戦いでマシンガンを失いますが、ミキのチェーンソーを手に入れます。

その後、アミは翔の母を感電死させ、翔を殺害します。アミはもう生きている意味がないと思い、自殺を図ろうとしますが、後ろで物音がしてAmiは剣を構えて振り返ります。

映画『片腕マシンガール』のキャスト、監督

キャスト

  • 日向アミ(主人公の女子高生) /八代みなせ
  • 日向ユウ(アミの弟)/ 川村亮介
  • 杉原ミキ(修理工の妻)/ 亜紗美
  • 杉原スグル(修理工)/ 石川ゆうや
  • 杉原タケシ(その息子)/ 秀平
  • 木村龍二(ヤクザ親分)/ 島津健太郎
  • 木村翔(ヤクザの息子)/ 西原信裕
  • 木村スミレ(ヤクザの妻)/ 穂花

監督

  • 井口昇

その他の監督作品に、『惡の華』などがあります。

また、この片腕マシンガールをリメイクした『爆裂魔神少女バーストマシンガール』も制作されています。

映画『片腕マシンガール』感想

正直物語は破綻しておりめちゃくちゃですが、単純に見ていて面白いです。

特に、めちゃくちゃの程度がぶっ飛んでいて中途半端ではなく、本物感があります。

いわゆる「ゴア(残虐シーンの多い)」作品なので、見る人を選ぶと思いますが、タランティーノ作品が好きな人などははまるかもしれません。

映画『片腕マシンガール』を配信する動画サービス

映画『片腕マシンガール』は、下記の動画配信サービスで観ることができます

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオでは、映画『片腕マシンガール』を見放題で視聴できます。

月額500円で映画見放題なので、コスパが高いです。また、配送料が無料になるなど、様々な特典もあります。
動画サービス名Amazonプライムビデオ
月額(税込)500円
ポイント付与なし
無料お試しあり(30日間)

Hulu

Huluでは、映画『片腕マシンガール』を見放題で視聴できます。

Huluは月額約1000円と手頃な価格でハリウッド映画や人気海外ドラマなどが手軽に見られる動画配信サービスです。
動画サービス名Hulu
月額(税込)1,026円
ポイント付与なし
無料お試しあり(2週間)

リメイク作品はU-NEXTで配信

リメイク作品の『爆裂魔神少女バーストマシンガール』はU-NEXTで見放題になっています。

月会費はやや高めですが、映画の量も質もNo.1ですので、映画好きの人には特におすすめの動画配信サービスです。
動画サービス名U-NEXT
月額(税込)2189円
ポイント付与毎月1200ポイント付与あり
無料お試しあり(31日間)

 

*時期により配信が終了していることがあります。

Amazonプライム・ビデオ

月額500円または年間4900円で、独占配信のAmazonオリジナル作品や、人気の映画やTV番組を楽しめます。

Prime Videoの会員特典対象作品の視聴をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Reading、Prime Music等が使える会員制プログラムです。

まずは、30日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

U-NEXT

映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。

作品数は200000本以上で、数あるVODの中でも一番です。新作からマニアックな作品まで、とにかくたくさんの作品が見たいという人におすすめです。

月額2,189円(税込)~で、まずは、31日間の無料トライアルに申し込むのをおすすめします。

Hulu

月額1,026円で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見られるVODです。

2週間の無料トライアルもあります。

ホラー・スプラッター映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
ひきこもりの映画紹介ブログ
タイトルとURLをコピーしました