賃貸アパートの火災保険は自分で加入したほうがお金がかからないのでお徳

アパートに入居する際、火災保険に入ります。

この火災保険ですが、入居する際に不動産会社や大家さんが指定するものに加入することが多いです。

しかし、これらのものの多くは非常に割高であったり、不必要な内容が含まれていることも多いです。

調べてみると、加入は義務ではなく、自分で選ぶことができるようです。不動産会社や大家さんが指定していたとしても、加入する義務はないようです。

家財保険はどこの保険会社で加入しても大丈夫です。不動産会社の本業はあくまでも賃貸物件の仲介・管理ですので、お客さまから特に要望があった場合は、無理に保険をすすめることは無いようです。

賃貸入居者用の火災保険は不動産会社や大家さんが指定する保険会社で加入しなければならないと思われている方も多いと思いますが、実際には強制ではありません。

どこの保険会社で加入しても良いケースが一般的です。

私はアパートに入居する際に、2年で2万円ほどの火災保険に加入しました。

しかし、これらよりも安い火災保険はいくつかあります。もし火災保険が高かったり、内容が合わなかったりした場合は、自分で加入したほうがよいかもしれません。

たとえば、以下の火災保険だと、1年4千円台で火災保険に加入できます。

賃貸住宅向けの家財保険が4,000円から。インターネットで簡単申込み。東京海上グループの日新火災がお届けする家財保険の決定版!損害保険初のグッドデザイン賞受賞「お部屋を借りるときの保険」公式サイト
「全労済の住まいる共済」が選ばれる3つの理由 手頃な掛金、「まさか」に備えた保障が充実、最短翌日から保障開始

もし火災保険を節約したい場合は、自分で加入したほうがよいかもしれません。

ただし、万が一のことがあった場合に保険は重要ですので、きちんと内容などを調べてからのほうがよさそうです。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1