Amzonプライムで見られる映画『クリーピー 偽りの隣人』のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト

映画『クリーピー 偽りの隣人』は、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説『クリーピー』を、『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清が実写映画化したサスペンススリラーです。

新しく引っ越した家で、隣人のサイコパス(香川照之)に家族を支配される話です。

不気味な隣人を演じる香川照之の演技がやばいです。個性派俳優としての香川照之の演技力が100%全開しています。

スポンサーリンク

映画『クリーピー 偽りの隣人』のあらすじ

元刑事で犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探り、真相を明らかにしようとしています。

そんな折、高倉と妻の康子(竹内結子)は、新しく引っ越した家で隣に住む西野(香川照之)という男性と親しくなります。

西野は一見フレンドリーですが、実はサイコパスの危険人物です。西野という名前も嘘で、西野という男性になりすましています。

高倉はしだいに西野に不審をいだくようになり、さらに西野の娘が「西野はお父さんじゃない。全然知らない人」と訴えたことで、高倉の疑いは確信に変わります。

映画『クリーピー 偽りの隣人』のキャスト

  • 高倉幸一(犯罪心理学者)/ 西島秀俊
  • 西野雅之 (奇妙な隣人)/ 香川照之
  • 高倉康子(高倉の妻)/ 竹内結子
  • 本多早紀(一家失踪事件の生き残り) / 川口春奈
  • 野上刑事 / 東出昌大
  • 西野澪(西野の娘) / 藤野涼子

映画『クリーピー 偽りの隣人』の感想

香川照之の演技がすごい

最初にも書きましたが、俳優の香川照之さんの演技が見事です。

一見フレンドリーですが、完全に狂っているという不気味な人物の様子がよく出ています。

おそらく、香川照之さんでなければここまでの演技はできなかったのではと思います。

暴力的な支配ではなく心理的な支配

不気味なのは、西野が他人を心理的に支配する点です。西野に支配された人間は、自分から西野に従うようになります。暴力的に監禁して、無理やり支配するというやり方ではありません。

人の心理につけこみ、巧みに相手を操作するのです。死体の処理なども西野は行わず、心理的に支配した相手にやらせます。そのためか犯罪がなかなか発覚しません。それがとても不気味でした。

ネットを調べていたら、北九州で実際にあった監禁事件と似ているという情報がありました。もしかしたらこの事件をモデルにしているのかもしれません。

北九州監禁殺人事件の全貌【松永太・緒方純子】 - NAVER まとめ
北九州監禁殺人事件(きたきゅうしゅうかんきんさつじんじけん)は、2002年(平成14年)3月に北九州市小倉北区で発覚した監禁、殺人事件である。主犯は松永太と緒方...

映画『クリーピー 偽りの隣人』の監督

監督は黒沢清です。黒沢清監督は難解な映画を撮ることが多い印象があるのですが、今回の映画はわかりやすかったです。個人的にはこういう映画をもっと撮ってほしいです・・。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

★★★★


クリーピー 偽りの隣人

タイトルとURLをコピーしました