Amazonで見られる映画『最後の忠臣蔵』あらすじ、ネタバレ、感想、キャスト

忠臣蔵の話は討ち入り後全員切腹したことで知られています。

しかし、実は忠臣蔵には生き残りが2人いました。討ち入り前に姿を消した瀬尾孫左衛門と、討ち入り後に消息不明となった寺坂吉右衛門です。

映画『最後の忠臣蔵』は、この忠臣蔵の生き残りの瀬尾孫左衛門を題材にした作品です。

ちなみにこの2人とも史実に基づいた実在の人物ですが、消息不明になった理由はわかっていないようです。

あまり期待せずに見たのですが、思った以上に面白かったです。

スポンサーリンク

映画『最後の忠臣蔵』あらすじ(ネタバレあり)

討ち入りに参加する予定だった瀬尾孫左衛門(役所広司)は、大石内蔵助からある命令を受け、討ち入り前日に姿を消します。

その命令とは、大石内蔵助の隠し子である可音(桜庭ななみ)を守ることです。

可音が大石の子どもと知られると危害が加えられるため、大石から直接に可音を守る役目を与えられたのです。しかし、この目的は誰にも言うことができないため、周囲からは「命が惜しくて逃げた」と誤解されてしまいます。

その後、瀬尾孫左衛門と可音は山の中でひっそりと暮らします。そして、可音は成長し結婚することになります。

無事に役目を果たした瀬尾孫左衛門は、最後壮絶な自刃で死にます。

映画『最後の忠臣蔵』感想

桜庭ななみの演技がすごい

隠し子の可音を演じる桜庭ななみの演技がとても上手でした。桜庭ななみはこの作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

時代劇なので言葉遣いなどが難しいと思うのですが、それに加えて「隠し子」という特殊な背景もあり、演技は非常に難しかったのではないかと思います。

役所広司と安田成美

役所広司の演技も素晴らしかったです。特に、最後の自刃するシーンは鬼気迫るものがあり、いったん見たら忘れられません・・・。

また、安田成美も出演していて、久しぶりに見ました。

映画『最後の忠臣蔵』キャスト

  • 瀬尾孫左衛門(大石家の用人、討ち入り前夜に姿を消す) / 役所広司
  • 寺坂吉右衛門(四十七士の生き残りの1人。討ち入り後に姿を消す) / 佐藤浩市
  • 大石内蔵助 / 片岡仁左衛門
  • 可音(大石の隠し子)/ 桜庭ななみ
  • 茶屋修一郎(四郎次郎の息子) / 山本耕史
  • 茅野きわ(茅野和助常成の妻) / 風吹ジュン
  • 奥野将監(赤穂旧家臣) / 田中邦衛
  • 進藤長保(内蔵助の又従兄弟) / 伊武雅刀
  • 茶屋四郎次郎(天下の豪商) / 笈田ヨシ
  • ゆう(元夕霧太夫) / 安田成美

映画『最後の忠臣蔵』監督

監督は杉田成道さんです。『北の国から』シリーズなどの演出家として知られている、ベテランの監督です。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見れます。


最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク & 解説ブックレット付き】 (初回限定生産)

タイトルとURLをコピーしました