福山雅治が下品すぎる・・・映画『SCOOP!』感想

有名人のスクープを狙う写真週刊誌のカメラマン(福山雅治)が主人公の映画です。いわゆる「パパラッチ」と呼ばれる人たちです。週刊文春的なものをイメージすればよいのかもしれません。アイドルから政治家まで、手段を選ばず、手当たり次第にスキャンダルを追いかけます。

このカメラマンを演じるのは福山雅治です。福山雅治というとイケメンなイメージがありますが、この映画ではとても下品です。卑猥な言葉を何度も口にしたり、セクハラをしたり、派手に女遊びをしたりと、やりたい放題です。イケメンの福山雅治のイメージが変わるかもしれません。(しかしどこか演技っぽくも見えてしまうので、やはり根はイケメンなのでしょう・・・。)

映画の内容自体も下品な感じが満載です。むしろここまでやられるとすがすがしいとさえ思えます。おそらく確信犯的なものなのでしょう。

相手役の二階堂ふみやリリー・フランキーもいいです。何も考えずに気軽に楽しめる、まさに週刊誌のスクープ記事のような作品に思えました。

今なら『Amazonプライム・ビデオ』で見られます。

★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1