英語の勉強に「ドリトル先生」の英語の本(0円)がいいかもしれない・・

「ドリトル先生」の英語の本を読んでいます。わりと英語も簡単で読みやすいです。しかもkindleで0円です。

本のタイトルは「The Story of Doctor Dolittle (English Edition)」です。

ドリトル先生はとても有名な医者でしたが、あるとき動物愛に目覚め、たくさんの動物を飼い始めます。

そのうちドリトル先生の家は動物でいっぱいになり、人間の客が来なくなってしまいます。さらに、動物のえさ代などで出費が増え、ドリトル先生はお金に困り始めます。

しかし、それでもドリトル先生は動物を飼うのを止めません。

he kept on getting still more pets;and of cource it cost a lot to feed them.And the money he had saved up grew littler and littler.

Then he sold his piano, and let the mice live in a bureau-drawer.But the money he got for that too began to go, so he sold the brown suit he wore on Sundays and went on becoming poorer and poorer.

お金がなくなり落ちぶれてしまったドリトル先生は、街の人から陰口を叩かれるようになります。しかし、動物と子どもたちだけは、以前と変わらずドリトル先生を慕ってくれる・・という話です。

And now,when he walked down the street in his high hat, people would say to one another.”These goes John Dolittle, M.D.!There was a time when he was the best known doctor in the West Country-Look at him now- he hasn’t any money and his stockings are full of holes!”

But the dogs and the cats and the children still ran up and followed him through the town-the same ad they had done when he was rich.

今読み返すと、有名な医者だったドリトル先生が動物で身を滅ぼしていく姿に、静かな狂気と人間の不条理を感じるような気がします。

英語も簡単なのでおすすめです。それに0円というのが魅力的ですね。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1
コメントの入力は終了しました。