映画『シャトーブリアンからの手紙』のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想

Amazonプライム・ビデオで映画『シャトーブリアンからの手紙』を見ました。

ナチスドイツ占領下のフランス・シャトーブリアン地方が舞台です。17歳の男の子がドイツに反対するビラを配ったことで逮捕され、収容所に送られます。

同時期にドイツ軍の将校が暗殺され、報復として収容所の人たちが処刑されることになります。そして、運が悪いことにそのリストに少年も加えられてしまいます。

この作品は実話が元になっています。

スポンサーリンク

映画『シャトーブリアンからの手紙』のあらすじ

1941年のドイツ占領下のフランスシャトーブリアン地方が舞台です。

17歳の少年ギィ・モケ(レオ=ポール・サルマン)は、映画館でドイツ占領に反対するビラ配りをして逮捕されます。

彼はシャトーブリアンにあるショワゼル収容所に送られます。ここには政治犯や共産主義者たちが収容されています。やがて、彼は塀の向こう側の女子収容所にいる少女オデット(ヴィクトワール・デュボワ)に恋心を抱き始めます。

一方、同時期にナチスの将校が1人暗殺されます。激怒したヒットラーは、その報復に収容所にいる人たちを150人処刑するように命令します。

そして運が悪いことに、その報復の処刑のリストにギィ・モケが加えられてしまいます。彼は人数合わせで処刑されてしまうのです・・・。

映画『シャトーブリアンからの手紙』のキャスト

  • ギィ・モケ(17歳の少年) / レオ=ポール・サルマン
  • オデット・ネリス(少年が恋する収容所の少女)/ ヴィクトワール・デュボワ
  • ジャン=ピエール・タンボー / マルク・バルベ
  • モヨン神父 / ジャン=ピエール・ダルッサン
  • カミーユ /アリエル・ドンバール

映画『シャトーブリアンからの手紙』の監督

監督はフォルカー・シュレンドルフです。『ブリキの太鼓』でドイツ人監督として初のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞しています。

映画『シャトーブリアンからの手紙』の感想

特に処刑の様子が悲惨です。収容所の人たちは、まるで工場の流れ作業のように、機械的に処刑されていきます。処刑の前に1時間の猶予が与えられ、彼らはその間に家族に向けて最後の手紙を書きます。その様子も悲しいです。

印象的だったのは、政治犯の人たちが最後までその思想を貫き通す姿です。処刑の直前になっても「共産党万歳」と叫びます。

自分だったら助かるために思想を変えてナチスに協力するかもしれません。実際、映画の中でもナチスに協力する人たちが多数出てきます。

映画『シャトーブリアンからの手紙』は、Amazonプライム・ビデオで見られます。

おすすめVOD

Amazonプライム・ビデオ:配送特典、Prime Music、Amazon Photos、Prime Readingも利用できます。

U-NEXT見放題作品数No.1。31日間無料トライアル

戦争映画
スポンサーリンク
hmrをフォローする
映画とWordPressと節約と私
タイトルとURLをコピーしました