桜庭ななみの演技も見どころ。意外な邦画の名作『最後の忠臣蔵』感想

映画『最後の忠臣蔵』は、忠臣蔵の討ち入り前夜に逃亡した瀬尾孫左衛門(役所広司)が主人公です。

瀬尾孫左衛門は命が惜しくて逃げた裏切り者と思われていましたが、実は逃げたのにはある目的がありました。

それは、大石内蔵助の隠し子である可音(桜庭ななみ)を守ることです。大石の子どもと知られると危害が加えられる可能性があったため、大石から直接に可音を守る役目を与えられたのです。しかし、この目的は誰にも言うことができないため、周囲からは誤解されてしまいます。

瀬尾孫左衛門と可音は山の中でひっそりと暮らしていましたが、可音がついに結婚することになります。無事に役目を果たした瀬尾孫左衛門は、最後にある行動に出ます・・。

「桜庭ななみの演技がすごい」

大石内蔵助の隠し子「可音」を演じる桜庭ななみの演技がとても上手でした。実際、桜庭ななみはこの作品で賞を受賞しているようです。

時代劇なのでただでさえ言葉遣いなどが難しいと思うのですが、それに加えて「隠し子」という特殊な背景もあり、演技はなおさら難しかったのではないかと思います。

また、役所広司の演技も素晴らしかったです。特に最後のシーンは迫力がありました。安田成美も出演していて、久しぶりに見ました。

あまり期待せずに見たのですが、思った以上に面白かったです。

今なら「アマゾンプライムビデオ」で見れます。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1