孤独な老女が語る、戦争中の報われぬ恋・・・映画『小さいおうち 』感想

小さいおうちは、戦争中の報われぬ恋を描いた作品です。

今はアパートで孤独に暮らすおばあさん( 倍賞千恵子(晩年期)、黒木華(若年期))が回想録を書く形で物語は進んでいきます。

おばあさんは戦前・戦争中と女中をしていました。その女中をしていた、赤い屋根のモダンな家(小さいおうち)で起きた不倫の話です。

家の奥さん(松たか子)は、夫の部下の男性(吉岡秀隆)と恋愛関係になります。自由恋愛も珍しい時代で、さらに戦争中という状況も重なりますが、2人は逆境に負けずに恋愛を続けます。

しかし、その後部下の男性が戦争に行くことになり、2人は別れてしまいます。

それからしばらくして、空襲で奥さんは死んでしまい、家も壊れてしまいます。戦争による悲劇といってもよいかもしれません。

「生涯独身で、孤独にひっそり死んでいったおばあさん」

この映画は奥さんと部下の不倫の話がメインですが、私が気になったのは、女中をしていたおばあさんです。

おばあさんはそれからずっと独身で、一度も結婚をしなかったようです。そして、アパートの小さな部屋で孤独に暮らし、ひっそりと死んでいきます。

時々、「長く生きすぎた」と泣くのも印象的でした。

映画ではおばあさんの人生はあまり語られません。しかし、もしかしたら女中をしていた頃の思い出が強烈で、「負い目」のようなものを抱えていたのかもしれません。自分だけが幸せになってはいけない、と思っていたのかもしれません。

このおばあさんの半生も見てみたいと思いました。

妻夫木君のセリフが不自然?

あまり重要ではないですが、出演していた妻夫木聡(おばあさんの親戚役)さんのセリフが少し不自然な感じがしました・・・。

大学生の若者がはたしてこんなこと言うだろうか・・・と思えるシーンがいくつかありました。「言わされている」感が強かったです。まあこれはしょうがないかもしれませんが・・・。

今なら「Amazonプライム・ビデオ」で見られます。

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1