実際の殺害現場で撮影?連続殺人犯を題材にした映画『復讐するは我にあり』感想

映画『復讐するは我にあり』は、日本で実際に起きた連続殺人事件(西口彰事件)を題材にした作品です。

犯人の男は大学教授や弁護士を名乗って詐欺を行い、次々に人を殺していきます。

連続殺人犯というと恐ろしい感じがしますが、この犯人は見た目が優しそうで、物腰も柔らかく、知的な印象を与える人物です。このため多くの人が騙されてしまったのかもしれません。

しかし一方で、人を殺すときは何のためらいもありません。そのギャップが恐ろしいと思いました。いわゆるサイコパスと呼ばれるような人物なのかもしれません。

この犯人を演じるのは緒形拳さんです。

実際の殺害事件の現場で撮影

映画の後半で、老人の弁護士が殺されるシーンがあります。

wikipediaによると、このシーンは実際の殺害現場であるアパートで撮影されたそうです・・・。そう考えると、恐ろしいシーンだと思います・・・。

撮影は弁護士殺害シーンは実際の殺害事件の現場であるアパートで撮影されたが、殺人のあった部屋そのものではなくその向かい部屋である

このシーンでは直接の殺害描写はないのですが、タンスに入れられた遺体がドアの隙間からのぞく描写があり、それがとても怖いです。

監督・キャスト

監督は今村昌平さんです。『楢山節考』『うなぎ』でカンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞している有名な監督です。

緒方拳さんの妻役に倍賞千恵子さん、父親役は三国連太郎さんです。

監督もキャストも豪華だと思います。

今だと「アマゾンプライムビデオ」で見れます。

★★★★

スポンサーリンク
ウイジェット1
ウイジェット1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
ウイジェット1